UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

2006.06.24 京都会館 夜の部

昼の部は遅刻しちゃったので・・・
自粛です・・・

今回楽しみにしていったのは、北海道から追加になったという「冬美のソーラン節」でしょう!!

私は大漁節を買ったときに大漁節よりも、こっちのソーラン節のほうがお気に入りになっちゃって、コンサートとかも盛り上がるだろうからやってほしいなぁ。と心ひそかに願っていました。

♪ヤ~~~~レン  ソランソ~ラン♪ってなとこの声がとてもスキで、なんか気持ち良さそうに歌っているなぁ。って・・・

コンサートでは、前情報として振り付けがかっこいいと聞いていたのですが、ホントでした。

振り付けというよりも、振袖で大きな手拍子・・・なんといえばいいのかな?
両手を伸ばしたまんま
「みなさんも手拍子しておくれ~!」っていう仕草がかわいかったです。
あばれ太鼓のときもやるけど、短いじゃん?

あれが、けっこう長く左右に移動してもやっていたから、横に移動しながらのその仕草とか、微妙なステップで走り回る感じとか、振袖で走る?感じとかが躍動感に満ちていて、とても楽しい気分になりました。

どっこいしょ!どっこいしょ!
ってとこは、ガッツポーズみたいな振りです。

明るい歌って少ないから、ただ楽しい!っていうこーゆーのがあるといいなぁ。って思いました。

特に、今回のコンサートは「聴かせます冬美2006」って勝手に私がタイトルつけちゃうくらいじっくり聴く曲が多いので、ソーラン節が入ってほんとによかったと思います。

まあ、私が好きだからってのが一番の理由ですけどね。

聴かせますコーナーその1の梅川忠兵衛は、今までの中で一番気合いというか気持ちがまっすぐに届きました。

私(聴く側)が慣れてきたせいもあるのか、素直にセリフ部分もその世界に入れるし、特にスゴイ!!を感じたのは
♪かくせど~~~♪
のところからはじまる浪曲部分の頭の声です。
ビシ~~~~~っと頭に刺さってから、胸にズシンと落ちてくるような・・・
シビれるかんじがあります。

お父さん役のときの泣きそうな表情、
「気ぃ~つけやぁ~~~」
のところは、ジーンときます。

立ち姿も劇?部分では小さくなったり、スっと立ったりと役になりきっているだけに、最後に後ろ向きから色っぽく振り向くあたりが、
「私は冬美なんだけど、今の物語気に入ってくれたかしら!」
という感じがしてとても好きです。

そして、聴かせますコーナーその2の風雪ながれ旅と、リンゴ追分。

何度でも言うけど、風雪はさぶちゃんもそろそろ冬美ちゃんにこの曲くれるんじゃないかな~。って思うくらいカッコイイしうまい!!

曲によっては、この低音の部分が好き。とか高音の伸ばすところがいいなぁ~って思うんだけど、この曲に関しては「全部!!全部いいっすよ!」って思います。

リンゴ追分も最初はセリフ部分がちょっと抵抗あったけど、今は普通に聞こえます。
「おかあちゃん」って前からいってたっけ?「おっかさん」っていっていたような気がしてたんだけど・・・

今回は、このコンサートが終わるとしばらくは冬美ちゃんのコンサートが見られないから、ものすごく集中して冬美ちゃんを見ていたんです。

深呼吸もたくさんして、冬美ちゃんの気だの歌だのを全部飲み込んで、吸い込んで帰ろうと思って(笑)

自分が集中して聴いていたからなのか、冬美ちゃんの気合が乗っていたからなのかは不明ですが、いつもにも増して聴かせますコーナー(勝手に名付けた)が胸に響いて感動しました。

羅生門では、振り付けが微妙に変わってきている?
む~~む~~~お~~~お~~~~のところなんだけど、手のクネクネ度が下がって、水平度が増したような・・・
私は「お~~~~おおおお~~~」で手をカッと開く仕草が最も好きです。
かっこいいです。

プレゼントコーナーは、ほんとにたくさんの人が並んでいて、会場全員がもってきたの??ってくらいでした。

私は詩集と雑貨をプレゼントしました。

(舞妓さんに)
「わざわざありがとうございます。せっかくだから客席のほうを向いて、お顔をみせてください。」
冗さんが「あんまり冬美ちゃん寄らないほうがいいよ!顔も衣装も冬美ちゃん負けていて、勝っているのは年だけだから。」
「うまいこというわねぇ~。」
「それじゃ、あっちにはいかないようしよっと。」

会場が暑かったし、プレコーナーも長かったので汗がとまらない冬美ちゃんは、舞妓さんからもらったうちわで終始扇いでいました・・・

能登はいらんかいね、火の国の女では、連日の疲れが出たのか苦しそうに歌う場面もありましたが、気合で乗り切ってイナバウワーもばっちり決めていました。

風に立つもググっと熱唱!

あばれ太鼓では太鼓を叩く前に
「冬美ちゃん!」の掛け声がかかり、おどけ顔でニッコリご挨拶してから、ペっペってしてカカっ!!

いつも息をきらして落ち着くまでに大きく息を吐くけど、この日はなおさら大きく肩で息をしていました。

夏が苦手な冬美ちゃんは、連日のハードスケジュールと暑さで体力も喉も決して調子は良くなかったと思います。

ですが、集まったお客さんのために気合を入れて、一生懸命歌わねば!という気持ちがとても伝わってきて、逆に絶好調に体調がよいときよりも感動的な、とってもいいコンサートだったと思います。

いつもは「聴かせます冬美2006」のコンサートですが、今回は応援したくなるような、ついつい「頑張れ!!」って言いたくなるようなハラハラ感もあって、客席も冬美ちゃんを暖かく支える。そんな雰囲気に包まれていました。

毎回書いちゃってるかもしれないけど、心に直接歌が届くというか、なにか元気の素を心にそっと置いていってくれるこの感覚・・・

見終わったあとの漲る気合・・・

あんな細い体から、客席全員に分け与えるパワーがなんで出てくるのかわからないですが、見た人全員の心にそれぞれ必要なものを届けてくれる冬美ちゃんのコンサートは、ほんとに最高です!!

月に1回みるのは贅沢だけど、3ヶ月空いたら生きていけるかどうか・・・
なんて、コンサートの余韻に浸りながらも、終わってしまった一瞬の夢のはかなさも感じちゃいます。

明日も四国では冬美ちゃんのコンサートが開かれています。

行かれないけど、同じ感動を味わえる人が何千人もいることさえも、今の私は幸せに思います。。。。。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね! (1)
  • やるね! (0)
  • さすがだね! (1)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です