UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

2005.02.26 和歌山県民文化会館

和歌山は冬美ちゃんの関西弁がきけるから、ハードスケジュールだったけど強
行参加!
前日が大阪岸和田で、相当盛り上がったらしく、和歌山といっても本当の地元
ではない地方のため、常連の方より地元ファンの参加が多かったため、かけ声
は少なめ。
だけど、お客さんは2000人収容のホールで昼・夜ともに立ち見の出る盛況ぶ
り。1年ぶりと言っていたので去年みて、お!冬美ちゃんいいね!って思って
また今年来た人が多いと思われ、そりゃいいことだ!
と思う反面、1年おきに回る場所が多いなら、コンサートの構成もうちょっと
変えたほうがいいかも。と勝手に思ったずら。
勝手におっかけちゃう人は別として、我が町に冬美ちゃんがきた!って楽しみ
にしてる人には、同じ構成のコンサートはちょっと損した気分を与えるんじゃ
ないかな?
曲はヒット曲歌うからしょーがないとして、セットや司会のコメントだった
り、冬美ちゃんに負担をかけずにもっと変えられる部分は多いと思うんだよ
ねー。
特に司会のMCは高齢者向きだし、冬美ちゃんに関係ない話だから、昼・夜で
分けるとか、「冬美ちゃんはああ見えても楽しい人で先日~~~~~」みたい
な話だと、コンサート見に来た人も親近感がもてたり、テレビのイメージと違
うな~とかコンサートにきて裏情報きけたな~とかプラスに作用すると思うん
だよね。
ま、いっか

えっと、特に面白かったのは、夜の部だったけかな?地元の友達でも客席に発
見したのか、恋歌メドレーの衣装で登場するなり冬美ちゃんがテレまくり!
「真っ赤にも~~える~~♪」がまったく歌えず、吹き出しながら「そんなに
見ないでよ!私だってこの衣装はずかしいんだから!」「あ~~歌がわかんな
くなっちゃった~~」という珍しい姿を見せてくれました。

歌のほうは岸和田の前に風邪をひいていたらしく、外出を避け前日もコンサー
ト後はホテルから一歩も出ずに喉を調整したとの話をしていた通り、いつもよ
りも一段とノビのある絶好調の美声を披露!
眉間のしわも普段より少なく「私の歌いいでしょ~!きいてちょ~だい!」と
客席に伝わってくるような自信満々な堂々とした歌いっぷりでした!
特に難しい岸壁の母も、歌謡節?部分でいつもはザラっとした声になるところ
もキレイに声が出て「ソ連の港♪」も苦しげ無くでていました。
隣りに座った地元のファンのおばさまも「CDよりも低音部分がキレイにでて
たわ!さすが地元!和歌山のコンサートいいでしょ!」とかなり自慢気でし
た。いいことだ!

プレコーナーでは、和歌山駅で買ったメロンをもっていくと「このメロンギザ
ギザついてる?」とマスクメロンかどうかを確認するお茶目なコメント。「つ
いてます!」と言うと。「よかった~」と笑顔をくれました。
その日は実家に戻ったようなので、食べてくれたかな~・・・

今月は大阪新歌舞伎座に行くけど、やっぱり関西のコンサートは関東とはひと
味違ったMCが聴けるので楽しいな♪
観客と握手して「離してください!」というやつも「おっちゃん!いつまで
握ってんねん!」なんて調子です。
まったくも~、冬美ちゃんがかわいすぎるので、私の財布は軽くなるばか
り・・・。幸せでございます。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね! (0)
  • やるね! (0)
  • さすがだね! (3)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Brayden McNabb Jersey