2022年6月10日 演歌夢まつり 国際フォーラム

国際フォーラム昼夜行ってきました!

がっ。。。昼は10列目の端っこだったから冬美ちゃんからは見えなかったみたい。

数名青Tシャツでいたんですけどねぇ。。。客席が広いし、うちのファミリー少なかったからなぁ。。。

夜は二列目の真ん中寄り通路際だったので冬美ちゃんの女神姿を見放題でした♪

色々ハプニングはありましたが、それはまた後ほどー!

 
 

国際フォーラムは今までとだいぶ構成が違っていました。

6人かな?それぞれオープニング用の歌を歌ってから、宝さんの太鼓で冬美ちゃんはあばれ太鼓で登場!

最後に五木ひろしさんが夜明けのブルースで登場。

♪ここは松山〜♪

のところで、昼は

♪ここは有楽町〜♪

って五木さんが歌ったら、コーラスの人も♪ゆーらくちょー♪と歌ったので、冬美ちゃんはコーラスの方を振り返って
「よく即興であの歌いにくい、ゆーらくちょー、に合わせられますねぇ。さすがです」と目配せ。
コーラスの方もニッコリと冬美ちゃんに返していました。

夜は
♪ここは東京♪
で、これまた振り返り、
「ねぇ。東京のほうが歌いやすいですもんねぇ」
の目配せ。
コーラスの方も
「そうなんですぅ。どうもぉ。」
みたいな感じ。

あ。あばれ太鼓の2番というか3番は全員で歌うのは変わりませんでした。

東京力車だっけ?人力車の女やみちのく娘、望月るかさん?だっけ?は登場曲はなかったですが、左右から出てきてあばれ太鼓には参加していました。

昼の部で五木ひろしさんがご挨拶をはじめて、「みんなも一言挨拶を。まずは市川由紀乃ちゃん」と言って順番にご挨拶。

最後に「じゃ、冬美ちゃん」とふられると、冬美ちゃんは
「さっ!」
五木さんびっくり。
「ん????」ってなったところに、もう一言はなんだったっけなぁ。
「どうも」
くらいの「一言」を言って。。。
「ひとことご挨拶というので、一言にしてみました」
とイタズラっぽい笑顔。

五木さん嬉しそうに
「ひとことっていうのは、そーゆー意味じゃなくて皆さんにご挨拶って意味でしょう。」

冬美ちゃんは
「皆さん緊張してるようですし、あれ?私だけ?お客様も緊張してますよね?」

五木さん
「そんなことないでしょう。楽しみにしてくれてるでしょう」

冬美ちゃん
「そうですか?広い会場でみんな緊張してるといけないと思って和ませちゃおうかと。」

みたいなご挨拶。

本当のご挨拶は忘れてしまいましたが、つかみはオッケー的な冬美ちゃんのトークで和みましたぁ♪

私は10列目端っこでステージも遠いし、冬美ちゃんあまり左右には来ないんだよなぁ。。。と今までの夢まつりを思いながらやや疎外感を感じていましたので、この「ひとこと」のご挨拶のくだりと、コーラスさんたちとのアイコンタクトを見られただけで、ああ、やっぱり来て良かった♪と思いました。

冬美ちゃんは先輩としても素敵だし、後輩としても最高だなぁ。
五木さんを立てまくりつつ、笑顔でお隣にいて、五木さんが紹介し忘れちゃった人も「もう1人。。。」って教えてあげるし、素晴らしい歌で客席をひとつにしといて「さあ、どうぞ」って五木さん向かいいれるし。。。

大スターを早くからやりながら、ご自身を中堅と言い張るし(笑)

グーンと飛んでエンディングはビバラビーダ?ですっけ?ラビータ?あのサビでイイネダンスするのもかわいいし♪
ちびっ子ダンサーを見守る目線も優しいし♪

お着物も国際フォーラム用に変えてきて、そーゆーところもかっこいい。

あばれ太鼓のあとは何曲かあってから、後輩たちが冬美ちゃんと五木さんのヒット曲を歌う。
というコーナーで赤の振袖で登場してくれて、みちのく娘とるかちゃんで祝い酒。
由紀乃ちゃんと丘さんで火の国の女。
火の国の女は2番というか3番を冬美ちゃんが歌ってくれました。

五木さんも2曲を後輩さんが歌ってくれた後に全員で、、、、あれ?夜空かな。
冬美ちゃんも一緒に。

♪あああ あきらめた人だけど 会いたい会いたい会いたい もいちどー♪
です。

ここを五木さんポーズ(ガッツポーズ)で全員でやるんだけど、冬美ちゃん一番上手いし!!

何やっても冬美ちゃんサイコー♪♪

後半のご自分の歌のコーナーは五木さんと交互に歌う感じ。

酔中花で登場されて、五木さんの、、、えっと、、、新曲の○○船を紹介して一度はけて。

あ!北前船!!

歌い終えて五木さんが話し出したら、袖で緑のお着物がチラチラ見えてる。

冬美ちゃんが呼び込み待ちで、出ようとしたり、引っ込もうとしたりチラチラしてる(笑)

昼の部は上手の端だったので、下手でチラチラする冬美ちゃんをニヤニヤ眺めました(笑)

呼び込まれると
「お邪魔していいですかぁ???」
って感じで登場。

「新曲が、同じ日の発売だったんですよね。うたコンもご一瞬で(注:うかコンも今回の会場と同じ国際フォーラムでした)」

とお互いの新曲のお話し。

夜の部は、チラチラのリードがもっと大きくて(笑)完全にステージ3分の1くらいまで登場しながらも、気づかない五木さんをチラチラ見ながら、客席には
「出てきちゃったけど、五木さん気づかないみたいですねぇ」
みたいな目配せ(笑)

なんでしょう。演歌夢まつりで冬美ちゃん「登場芸」を身につけられたようで(笑)

超マニア的に、なんだか嬉しい。この面白さ、演歌夢まつりに通わなかったらわからないでしょう。とかちょっと誇らしい(笑)

まあ、普通にその回だけ観たって面白いしかわいいんですけど、きっと他の歌手のファンの方も夢まつり通った方は
「また冬美さんが面白いことしてる(クスッ)」って思ったはず!

芸が細かいっ!!ラブ♪

五木さんとの少しのトークのあとに
「また君」と「夜桜お七」を連続で歌ってくれて、一人で少しトークして五木ひろしさんの千曲川を紹介して終了。

その後、五木さんが、千曲川、山河を歌ってくれて少しトークして、ビバラビーダを歌ってダンサーが登場。

2番で冬美ちゃんたち全員が舞台に並び、イイネダンスのとき以外は冬美ちゃんちびっ子ダンサーをニコニコと見つめてかわいい。

そんな感じでした。

あ。夜桜お七にも最初からダンサーが登場して、30周年リサイタルみたいに周りにダンサーがいる感じの夜桜お七だったんだ。

これはこれで豪華でカッコよかったです。

演歌夢まつりは名古屋行けなかったんですが、それ以後はずっと見られまして、感想としてはファミリー少なっ!!!!です(笑)

高いし、冬美ちゃんの出番は少ないし、冬美ちゃんファミリーは冬美ちゃんしか好きじゃない人がほとんどだから仕方ないとはいえ、冬美ちゃん毎公演寂しかったんじゃないかなぁ。。。と思いました。
 
姫路コンサートを観ちゃったから、さらにそりゃそーか。とも思いますが、できればたくさんの演歌歌手の方が出るイベントには出ないで貰いたい(笑)
いやいや、出る場合はファミリーには行ってもらいたい。
そんな感じでした。

イベント自体は良いイベントですし、後輩の皆さんの歌もそれぞれに素晴らしく、なかなか生のステージで観る機会もないので楽しかったですが、やっぱり、私も冬美ちゃんしか大好きにはなれないので。。。

コンサートのありがたさ、贅沢さが身に染みる。そんな気持ちです。

他の方もそれぞれに素晴らしいんだけど、なんでこうも冬美ちゃんは1人だけ何もかもが違うんだろう。。。

終演後に考えることは、決まってこのことでした。

一声だしたときのあの歌声が好きだし、空気を作るところもかっこいいし、、、、

あ。新曲の「酔中花」も歌うたび、聴く度にほんとに1回ごとに大きくなってくというか。

演歌って冬美ちゃんに歌われる度に、イメージも好きな気持ちも膨らんでいきます。

演歌だけじゃないか。

また君もブッダもそうでした。。。

冬美ちゃんの歌が冬美ちゃんのものになって、さらに大きく育っていく。

この感覚は生のステージのほうがより感じると思います。

今はイントロ鳴るだけで「おおおおお!待ってました!酔中花!!!だいすきーーーー」の気持ちになります♪♪

これが不思議♪

 

 

 

 

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(0)
  • さすがだね!(0)
The following two tabs change content below.
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク