秋田コンサート!

ホーム 掲示板 誰でも書ける掲示板 秋田コンサート!

  • このトピックには7件の返信、1人の参加者があり、最後にりんにより1分前に更新されました。
8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #83912 返信
    りん
    キーマスター

    書きたいことは冬美ちゃん便りに全部書いてありましたけど、最高の最幸のコンサートで、会場全員が日々の鬱々とした気分も忘れて幸せで満たされました!

    冬美ちゃん!!

    本当にどうもありがとうございました!!

    超満員で、満席のお客さんが、全員であっぱれソーレ!ってやる光景が幸せで、なんでこんなに幸せな空間を作り出せるかって言ったら、コロナ禍で辛い辛いときにも冬美ちゃんが必ずこーゆー日は来るんだ。と信じて「坂本冬美」のクオリティを保ち続ける努力を日々の自主練コンサートで保ち続けてくださったお陰様なのです。

    人々の幸せのために頑張り続けられた冬美ちゃんが、今日の大きな幸せを作ってくださったんだと感じて、いつもながらに感謝の気持ちでいっぱいです!

    あまりにもテンション上がって真っ直ぐ帰れず飲んじゃいましたけど(笑)そりゃそーですわ!

    #83913 返信
    りん
    キーマスター

    んで、テンション上がりきった私の冬美ちゃんがいかに女神であるかの話しに捕まった初対面の二人組の方、名前も覚えていませんが冬美ちゃんのYouTubeを観て私の熱弁の意味を悟ってくれているに違いない(笑)

    店も2時までだって言ってんのに帰らなくてごめんなさいね。

    だってだってだって冬美ちゃんがカッコよくて誰かに伝えなかったら好きが爆発してしまうんだもの。もう爆発してるけども!

    今日、昼の部の両隣の方は岸壁の母で号泣なさってました。

    きっとお子さんがいらっしゃるんでしょう。

    世の中がどんな状況だろうと、戦争に巻き込まれませんように。

    争うことで得られる平和はありません。

    平和を願い、祈り、歌で伝えてくださる冬美ちゃんの心が世界中に届きますように。

    そんな岸壁の母でした。

    そうだ、ライトなお話しも。

    昼の部で俺でいいのかの歌詞をケロリとお忘れになり、珍しくスポッと歌詞が出てこなくてご自分でも驚いたような表情で
    「忘れちゃった」と呟きながら歌に戻り、間奏で「すみませんでした。。。」と土下座されてかわいい冬美ちゃんに会場は大拍手でした!!

    いいんです!冬美ちゃんのそーゆーところも大好きで愛おしくて尊くてかわいくてたまらないんです♪

    しかも、その直前に作詞家大賞での特別賞のお話しで、冗さんから
    「誰よりも歌詞を大切に聴き取りやすい歌でその世界を伝えてくれる歌手ということで受賞されました」
    と紹介された直後でした。

    歌詞じゃなくても冬美ちゃんの歌からは伝えたいメッセージはビンビンに伝わっております!!

    終演後にもだいぶご年配のマダムが冬美ちゃんの初コンサートだったと話してくれて、桑田さんの作ったあの曲が大好きなのよ。と。

    久々にフルコーラスのブッダを聴いて痺れまくりましたから
    「やっぱり!ブッダ最高ですよね!!」
    と盛り上がりました。

    演歌歌手の方のコンサートは初めてだけど、素晴らしいわね。とおっしゃるので、演歌歌手が凄いんじゃなくて、冬美ちゃんが素晴らしいんですよ。と教えてさしあげました(笑)

    あと、色んなジャンルを歌われるけど、上手い人は何歌ってもいいわね。ともおっしゃるので、いーや、それは冬美ちゃんだからなんですよ。とも(笑)

    風に立つの力強く前へ前へ響く歌唱の素晴らしかったこと(感涙)

    なんとなくモヤモヤした日々ですが、冬美ちゃんのコンサートからはコロナなんか無かったような、ただただ幸せな日々の中でこーゆー良い事あるんだからね。って教わりました。

    「コロナなんかに負けてたまるか!人生、やるっきゃないさ!ということで風に立つ」

    とご自分で紹介されるのですが、あまりにも言葉通りの力強さに、、、、本来冬美ちゃんの性格からしたら、クヨクヨすることも、あるかもしれません。

    だけど歌手の「坂本冬美」さんには一点の曇りもなく、力強い坂本冬美の歌を届ける力があります。

    カッコよすぎですよぉ〜(感涙)

    かと思えば、スキージャンプをぴょんぴょんとかわいらしく笑顔でキメまくり、かわいいの渦を発生させてくれます。

    名古屋でのレアな構成はお預けで、通常コンサートに戻っておりますが、ゴールドドレスの眩しさよ。。。

    このコンサートが観られるなら、日常になにがあったって大丈夫!!!

    超満員のお客様の大拍手を浴びて
    「この拍手で、この先40周年、50周年を目指して日々精進して参ります。」
    と堂々と宣言されたお姿のカッコ良さ、潔さよ♪

    そうだ、宝さんの代役?ではじめて冬美ちゃんのコンサートで宝さん以外の方の太鼓を聞きました。

    慣れぬステージで頑張ってくださっていました。

    宝さんの太鼓がある風景がいかに贅沢なモノなのかも,再認識しました。

    冬美ちゃんは冬美ちゃん便りに書かれていたようにお酒飲めたのかな?飲んでないかな?代わりに飲ませていただきましたよぉ〜っと♪

    トークで
    「正直、お客様が半分とか三分の一とか、そーゆー日々の中で、上(二階席)を見るのが怖くなって下ばかり観て歌っていましたが、今日は安心して上が観られる」
    ともお話しされていました。

    その言葉通り、目線はググッと上を観て、とてもとてもとてもとても幸せに満ちた歌を歌って下さいました!!

    ああ、ぜんっぜん語り足りないけど、冬美ちゃんにとっても、すごくすごーーーく幸せを感じられるコンサートでございました。

    会場の客席は2007席だそうですが、これだけのお客さんを、昼夜ともにギッチギチの満席のお客さんを、ときには唸らせ、ときにはボーーーッとさせてしまう冬美ちゃんの歌力の凄さよ♪

    ああ、冬美ちゃん!大好き!

    #83914 返信
    ゆんころ
    ゲスト

    秋田コンサート

    個人的に今年最後の生冬美ちゃん納め!
    いやぁぁぁ心の底から、行って良かった!(嬉涙)

    毎度のことながら話はとっ散らかり前後しますが、記録として思い出したことから書き留めてます。

    まず、秋田の暖かいことにオドロキ!
    これでもかってくらいモコモコに着込んで行ったけど全然上着要らなかったなぁ。
    それもきっと冬美ちゃんが晴れ女だからでしょう♩

    秋田市内に着いてからバスの降り場を間違えてしまったけど、超暖かいし初めての秋田だしと思い景色を見つつお散歩がてら秋田芸術劇場ミルハスまで歩いてみたのですがに近づくにつれ、遠くからでも『あ、あそこがコンサート会場だな。』と分かるほど大勢の人がわらわらと大きな建物に吸い込まれていく光景を見て、あの大きな建物にこの大勢を集客できる冬美ちゃんってすごぉぉぉぉおおおおお!!!!!!と、感動しました。
    いやぁ、紅白連続出場の大スターなんで当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないですけど、それでもやはりご時世柄、あの大きなホールを超満員にできる冬美ちゃんってすごい!!!

    そしてお楽しみのコンサート♩
    いやはや大きいホールがよくお似合いになります!!!圧倒的なスターオーラと後光を輝かせ登場した冬美ちゃんに、われんばかりの大拍手!!!麗しきお声に、細やかなこぶしとうなり。冬美ちゃんの美声を聞いた瞬間うるっと来てしまいました。
    ミルハスのこけらおとし的なコンサートだったので、一曲目の祝い酒は本当にピッタリ!!!
    冬美ちゃんも満員の客席を見ながら本当に嬉しそうにしていらっしゃるのが伝わりました。
    オープニングトークでは、コロナ禍でのコンサートでは客席数を減らしていたから2階席以上はお客様がいなくて目線をずっと下の方に向けてばかりだったけど、上を見て歌えることが嬉しいと言うお話や、秋田のコンサートは10年ぶりというお話等々をして下さいました。

    トークも非常に軽快で、個人的に爆笑したのが昼の部で1列目の女性が冬美ちゃんにキレイって言ったんだったかな?キレイってボードだしたんだったかな?そのときに、その女性の近くに座ってた男性がメガネを掛け直し身を乗り出して冬美ちゃんを凝視したらしく『キレイって言った瞬間にそちらのお父さんがメガネを掛け直されました(笑)』←もっと面白い言い方とジェスチャーだった)って実況してて超面白かったです(笑)
    会場も爆笑(笑)
    視野が広い冬美ちゃんですので、誰が何してるかちゃーんとわかってらっしゃるゆえに、たびたびこう言う爆笑も巻き起こるコンサートが本当に大好き♩

    そして今回、昼の部のみポスタープレゼントコーナーがあって90歳以上の方が多分7人くらいはいたんじゃないかな?
    恒例の『おばあちゃんかおじいちゃんかわからない問題』も発生。(笑)
    マスクしてるし余計わかりにくいですよね。笑
    冬美ちゃん頭を抱えて『アチャーーーー』のリアクション。超可愛い。笑
    だけど、おじいちゃんと間違えられたおばあちゃんは客席から手踊りで喜びの舞を披露し、冬美ちゃんに感謝の気持ちと嬉しさを表現されていらしたのでそんな間違いはノープロブレム★
    そしてなんといっても秋田のご長寿さんたちとても元気!客席からご自身で『90歳!』っていう声がとてもよく通ること!冬美ちゃんも冗さんも、びっくりされてました!
    冬美ちゃんからポスターをもらい、ステージ上からでもお喋りできたことで、より元気になった事は間違い無いでしょう!

    あ、そうだ冒頭で紅白出場決定のお話もされてました。毎年大丈夫と分かっていたって、本当にめでたい!!!!!
    紅白はものすごーーーーーく緊張するから34回中2度も歌詞を間違えて、本当にそれくらい緊張するんですっていう話をされてました。
    そしてコンサート終盤の『俺でいいのか』で、歌詞を忘れる。笑
    “すがりつくよなその目に負けた”の、その目だけがポッと抜けてしまい、ステージに正座して三つ指ついて謝る。なんとキュート!お客サイドの気持ちとしては『こーゆー瞬間見れてラッキー♩』ですからね。笑

    あと、冗さんが『ミルハスは総工費254億円で会場の壁が秋田名物の曲げわっぱでできている』という話の下の時に少し秋田音頭を歌ってくれました(^○^)
    冬美ちゃんの秋田音頭に被せて冗さんの本腰の入った秋田音頭♩笑
    冗さんが民謡のお仕事してたの知らなかったなぁ〜。
    昼の部にそんなことがあったもんだから、夜の部は冬美ちゃんに対して『もっと歌って!』の意味で手拍子大きくしたら
    冬美ちゃん『ほら、もっと歌ってって手拍子されてますから!』と、冗さんに歌わせて冗さんもいきなりのことでしどろもどろになり結果的に面白い場面が見れたので良かったです\(^o^)/←勝手に満足するなw

    あ、あとね、この会場はステージと客席が近い!!!
    それに加えて男の火祭りでは明治座の時の雅俊さんなみに冬美ちゃんがステージぎりの場所で歌ってくださるもんだから、さらに近くて!!!

    やっぱり男の火祭りは盛り上がるし良いですね♩あっぱれソーレ!!!も会場全体からパワーがみなぎっているのがヒシヒシ伝わりました(^^)

    あと、新曲紹介の時に『酔中花』というと会場から拍手が湧き起こり冬美ちゃん目をまんまるにして驚いて『これまでは新曲の話をしてもシーンとしておまのに…嬉しい!』ということを仰っていました。さすがカラオケランキング4ヶ月連続1位なだけあります!!!
    そんな中歌われた酔中花はそれはそれは艶やかで、会場中の『お父さん』の心を鷲掴みにしたことでしょう。笑
    だって女の私も心を鷲掴みにされてんだから。
    あの、後ろ向いて両手で襟足部分をクルリーンってやる振り付け大好き!なんか、色香っていうの?そーゆー美しさを感じる。
    ああいった題材の歌なのに、冬美ちゃんが歌うといやらしさが無いから本当に何度も何度も聞きやすく大好きです♩

    そして風に立つはそれはもう力強く!!!
    そして優しく!!!
    心に染み渡りました。
    あ、そーだ冬美ちゃんが『40年、50年と長く歌っていけるように精進する』的な話をしていらっしゃりとても嬉しかったです!
    その頃には、コロナもインフルくらいの扱いになっててほしいものです。
    なにわともあれ、今回あの会場にいた方は冬美ちゃんの歌を聴いて元気と幸せパワーもらったから、免疫ついたことでしょう!

    岸壁の母も言わずもがな大感動でしたしねぇ。。。
    あのステージが、本当に岸壁に見えた。
    あんなにバラエティに富んだセットリストで、どうやって気持ちを切り替えてらっしゃるのか。プロってすごいなぁって改めて思いました。

    なんかまだ描きたいことあるけど思い出したらまた書くかも♩

    #83916 返信
    ゆんころ
    ゲスト

    あ、ポスタープレゼントじゃなくてかレンダーだった。笑

    冬美ちゃん『昔はポスターが飛ぶように売れてすぐなくなったけど今は売れ残る』なんて言われてましたけど、それは冬美ちゃんの人気がなくなったとかそう言うことでは全くなく、ただたんにスマホの普及のせいだと思いまます。

    ご高齢の方も、まめにスマホのカレンダー機能を使いこなされているイメージです。
    私だって冬美ちゃんの写真を大きく見れてコレクションできるから毎年買ってるけど、カレンダーとしては使用してないもんなぁ…。(すみません。)

    冬美ちゃんの同じ写真が何度も登場していいから、冬美ちゃんの手書きメッセージつき日めくりカレンダー(松岡修造さん的なw)なんか売ってたら毎日喜んでめくるけど♩笑
    冬美ちゃんに365個もメッセージ書かせるのは非常に大変なので、即却下ですね。笑

    #83917 返信
    ゆんころ
    ゲスト

    あ、冬美ちゃんのセリフのとこまたポスターにしてる。だからポスターじゃなくてカレンダーだっつーの。笑
    すんません。笑
    いかに私があのカレンダーをポスターとして認識しているかが分かる。笑

    #83919 返信
    りん
    キーマスター

    おお♪ゆんころ氏♪
    寝て起きて書いてくれといたのかな?
    ありがたい!!

    ほんとに立派な建物で景観も素晴らしく、これはアクスタ持ってきた甲斐がある!と思ったのに食事してる間に夜になっちゃって(笑)

    ミニ冬美ちゃんと会場を撮影して記念に残すことにしようとしていたのに、夜のアクスタとの撮影は非常に難しい!

    でも、満員の客席の雰囲気、少しは伝わるかな?

    真っ赤な緞帳がいかにも横に開きそうなのに上に上がっていってひとビックリ(笑)
    幕が降りるときは冬美ちゃんしか凝視してないので気にならず(笑)

    夜の部最後には高速投げキッス連打を頂きました♪♪

    昼の部は3列目ど真ん中、夜の部は1列目真ん中ブロックの左側通路沿いの席だったのですが、ステージが近くて高さも腰上くらい?低いから地続きって感じで本当に存在が近い!

    内側から輝く女神感と、ひとりの人間なんだの間を行ったり来たりする不思議で幸せなこの感覚♪

    目の前で男の火祭りを歌ってくれたときには、全身の毛穴開いて目や耳以外からも女神の何かを吸い取ろうとする正直な体(笑)
    これが「冬美浴」だなぁ。なんて思ったり。

    何度も観てるはずなのに、お草履もこんなにキラキラ付いてるんだ。とか、お着物にもキラキラついてるからライトに照らされてキラキラするのか。とか、顔、ちっさいよぉ。とか、肩が薄いなぁ。細いなぁ。とか、見慣れることのない目からの刺激がものすごかったです。

    90歳以上プレゼントコーナーでけっこう自信持って
    「おじいちゃん!おいくつですか??」
    って言ったら、その場で立ち上がって返ってきたお声が女性で(笑)
    「おばあちゃん。。。。。」
    としゃがみこんで、左手でお顔を隠してしばらく笑いが止まらない(笑)
    場内も大爆笑。

    冗さんが
    「90歳超えたら女性も男性も超えますから」
    的なフォローしてくれて
    「ごめんなさぁい!大変失礼いたしましたぁ!」
    って。

    夜の部は2列目だか3列目から双眼鏡のお父さんの前にしゃがみ込んで、
    「今ならお化粧もそんなに崩れてないからよく観てください。双眼鏡のぞかなくていいの?後半になったら汗で別人になってるかもしれませんよ?」って(笑)

    あっぱれソーレの練習のときは
    「お二階の皆様も、、、手を振ってる場合じゃないですよ!練習しますからね!」
    と。
    振り返ってぎゅーぎゅーの広い二階席が全員で拳を振り上げている光景の、なんと気持ちよく感動的なことよ。

    #83920 返信
    りん
    キーマスター

    個人的には、長い垂れ幕タイプ(A4縦サイズに1文字のパタパタ折りたたむ形)で「紅白出場おめでとう」を出せて満足だったんですが、これ、長いので何人かいないと出せないんです(笑)

    昼の部はお隣さんに頼んでいたのでなんとか広げられたんですけど、夜の部は「あ、そうだこれ出さねば。」と思ってモタモタしちゃって、ほぼ広げられてなかったんですけど、冬美ちゃんが「紅白出場おめでとう?」とエアー読みしてくださいました♪

    ちなみにこれは今後も毎年使うから昨年と同じものでして、手抜きしてるんじゃなくて毎年の出場決定を信じてとっておいてあるんです!(言い訳っぽいwww)

    作詞家大賞の特別賞のお話しのときも「紅白出場」のところは後ろにまわして「おめでとう」と出せたし(←こーゆーことするから使い回し感が。。。)

    あと、昼の部はまた君で登場して美声で歌う冬美ちゃんに見惚れてしまって「きれい♪」ってボードも出し忘れちゃいました。

    足元に用意してんだけど、
    「うわぁ♪♪♪♪♪♪きれいだなぁ♪白いなぁ♪なんて良い声なんだろう♪♪♪」と悦に入って文字通りのボーーーっとした状態。

    日常でこんな感覚ぜったいないじゃないですか!

    絶対マスクの下で口ポカーンなってるし(笑)

    コンサートでのマスク着用はマヌケ顔隠しにはちょうどいいっす。

    夜の部の最初のMCで遅れてきて座ったお客様に
    「まだ一曲しか歌ってませんから(笑)どちらからいらしたんですか?ん??○○??ん???ああ、あの△△△!!!!ってどこにあるんでしょう♪」
    の鉄板ネタを披露しながら
    「今はこうやってお話しとかしちゃダメなんですよね。検査してきましたんで。」
    みたいなお話しされてるとき
    「もういいの?(掛け声とか客席との会話とかの意味)」
    と突如こちらを見てくださいました。
    ダメですからブンブンと横に首をふると
    「あ、そう」的な表情。

    この一瞬のことなんですけど、「もういいの?」の言い方が今も100回ほど脳内再生されて記憶として定着しております。

    ファミリーならおわかりいただけますよね(←冬美ちゃん的な言い方w)

    昼夜ともに「思ったよりお若い方が多いような(笑)」と冬美ちゃんもおっしゃっていましたが、雰囲気的にやはり私もそう感じました。

    年齢そのものより、やはりwithコロナになって、外に出る人と出ない人ってかなり明確にわかれたような。

    より積極的な方が劇場やホールに集うので、「坂本冬美を観てみたい!」という熱気が開演前から立ち込めているのです。

    特に昨日は、開演15分以上前からビシーっと客席について、まだかまだかと開演を待っている。るみたいな時間が長かったように思います。

    男の火祭り参加率ほぼ100%なのもコロナ以降の方が同じ100%なんだけど前のめりというか。

    年齢と行動範囲や行動力は今はリンクしない時代なのかもしれません。

    ひとりひとりの置かれた環境の中で、それぞれの判断で心地よく過ごせる環境を模索しているような。
    自分なりの社会との距離感を再構築しているような、そんな感じの中で、コロナ感染者が第八波だって言われても、コンサート行く予定をやめるほどではない。と判断して集まったお客さん。
    今までよりも、そーゆーセギュメントがかかった状態で会場に集まっている感じがして、それが盛り上がりとなって、大拍手となって、よりよい環境で冬美ちゃんの歌が聴けるコンサートになっている気がします。

    悲壮感なく、冬美ちゃん自身も楽しくて仕方ない♪という感じでトークしたり、歌ってくれたり、踊ってくれたり?(笑)そして励ましてくれたり、キュンキュンさせてくれたり。

    コンサートが少ないから毎回思うのかもしれませんが、いや、これはずっと一緒なのかもしれないけど、この特別な空間・時間を作り出してくださる冬美ちゃんへの感謝が、、、、やはり胸を満たします。

    かけがえのない幸せな時間なんです。

    冬美ちゃんがご挨拶すると鳴り止まない拍手で、その中で「この拍手を胸に、、、また明日から精進して参ります。これをご縁にこれからも坂本冬美をよろしくお願い申し上げます。」
    んで、「この先、40周年、50周年と歌っていけるように頑張って参ります。」
    「今日の思いを胸に、まずは年末の紅白で、、、、歌詞を忘れないように(笑)」
    なんておちゃめ発言もあったり。

    何が言いたいって、「坂本冬美」として36年かけて、コロナだろうが震災だろうが、いろーんなものを真正面から捉えて、乗り越えてきて、守り通したことがあるから、この幸せな空間が今あるんだ。
    私が真っ直ぐに歌に取り組んでいれば、必ずこの幸せな空間に戻ってこられるんだ。
    がんばってきて良かった。
    また来るからね。みんなも元気で待っててね。じゃーーーねーーーー!!!

    えっと、意訳すると(すな!)こーゆーメッセージというか心を感じました。

    あ、ジーンと再感動しながら書き漏れたことはないか思い出してたら色々あったわ(笑)

    劇場の客席が互い違いになって見やすいという話しをしたいのに「たがいちがい」の言葉が出てこなくて、、、なんていっちゃったんだっけなぁ。「めちゃくちゃ」じゃないし「ガタガタ」じゃないし、、、とにかく良い言葉が出てこなくてご自分でウケまくり、
    「素晴らしい会場ってお話しをしてるのにめちゃくちゃ(仮)ってことないですよね。互い違いでした(笑)」
    と。

    俺でいいのかの歌詞が飛んだあとのトークでも
    「最近ポッと空白になっちゃうときがありまして。色々食べてるんですよ(笑)脳にいいとかそーゆーものも!(笑)」

    ちなみに昼の部のバケーションのややこしい歌詞が「夏休み」「春休み」「冬休み」ってあるんですけど、あ、今歌詞確認してきたら「冬休み」はなくて「秋休み」があるんだ。

    なんだこのややこしい歌詞は!

    しかも冬休みっぽい歌詞の前が秋休みなのか。、。

    ということで、たぶん夏休みのところを春休みと歌われたのかな?

    チラッとプロンプターを見て、チラッと「間違えてたかな?あ。やっぱり」とご自分で確認していてかわいかったです。

    芸道一筋36年的な真面目さがありながら、トークでは面白さがあって、歌では男らしさも女らしさもキュートさも力強さもいろんな表現をしてくれて、とにかく魅力の宝庫!!!

    いつも同じこと書いてる気もするけど、いつでも新鮮にこの感動を味あわせてくださる姫がいるんだからしょーがないっ!

    夜の部冗さんに秋田音頭をふって歌わせておいて
    「ちょっと冗さん何言ってるかわからなかったんですけど(笑)」
    とサンドウィッチマンばりのボケなんだかツッコミなんだか。。。

    いやー、とにかく幸せだったー♪♪

    曲げわっぱで会場ができてると聞くと「お弁当箱の?」って驚いたお顔♪

    「藤あや子さんが言うには秋田は、、、、(あれなんて言ってたんだっけかな?心が豊か。かな?)お料理も食べきれないくらいダーーーッと。あやこさんからも頂いてますし、こちら(秋田)のお友達にご馳走していただくときにもダーーーッて。」

    余裕がある。だっけかな?

    セコセコしてなくて、心に余裕があって、大盤振る舞いする。みたいなお話しだったと思います。

    「秋田美人と言いますけども、本当にお綺麗な方と、、、、また、そうでない方も(笑)」
    というオープニングの冬美ちゃんのトークを受けて冗さんとのコーナーでは冗さんが
    「秋田美男というのもいるんですよ!」

    冬美ちゃん
    「あ、そーいえば、こちらの方も気が付きませんでしたけど(笑)イケメン!お帽子でよく見えなかったから今気がつきました(笑)」

    冗さん
    「こちらはキムタクのような方ですね。あちらには福山雅治さんのような方も。」

    冬美ちゃん
    「うーーーーん。目を細めて見るとそんな気がしてきましたよ」

    こんな感じがあって、失礼なこと言っちゃうのも、秋田はあやちゃんの地元だから親しみがあってついふざけちゃう。的な言い訳(笑)をされていました。

    ああ、記憶よ。もっと甦れ!

    #83929 返信
    りん
    キーマスター

    あ。思い出した。

    紅白出場のくだりで、冗さんに
    「石川さゆりさんは45回でトップ。冬美ちゃんが34回目でなんと2番目に出場が多いんです。」

    と言われて

    「石川さゆりさんはもう。。。私もさゆりさんの津軽海峡・冬景色を小学生の頃に観て歌手になろうと決めたので素晴らしい方なんですけども。
    私なんかはもう(もにょもにょもにょ)」
    なにか小声で謙遜のお言葉を

    冗さん
    「酔中歌が歌えるといいですね。」

    冬美ちゃん
    「それは難しいでしょう。。。」

    冗さん
    「まだ決まってないんでしょ?」

    冬美ちゃん
    「そうなんですけどぉ。。。がんばります」

    みたいな感じでした。

    しきりに、演歌歌手は女性で四組しか出られない。肩身が狭い。とおっしゃっていましたが、冬美ちゃんは演歌枠じゃなくて唯一無二の女神としてのご出演なのになぁ。と思いながら聞いてました。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
返信先: 秋田コンサート!
あなたの情報:




スポンサーリンク