京都コンサート!

ホーム 掲示板 誰でも書ける掲示板 京都コンサート!

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にりんにより1ヶ月、 1週前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #78999 返信
    りん
    キーマスター

    冬美ちゃんがMAX嬉しそうで幸せな幸せなコンサートでした♪

    冬美ちゃん便りにもありましたが、昼の部は始まる前から1階席は後ろまで満員。
    2階もほぼほぼ埋まっていて、3階も半分くらいかな?

    これは気持ちいい!

    昨日の橿原は1階席のみのキャパ1000人くらいのホールを60%制限にしていたので、前のほうにお客様が寄っていて後ろをあけていたので後方は誰もいませんでした。

    それが、今日の一階席は昨日の橿原全部と同じか、それより広いくらいで、そこが全部ぎゅーぎゅーになってる光景はとても気持ち良かったです。

    更に、2階も3階もなので、昨日の倍以上はお客様いたし(会場のキャパも倍以上だと思います)ソーシャルディスタンス形式で後ろまで埋まるのと違ってスカスカ感がないのが気持ちいいですねぇ。

    冬美ちゃんも幕が上がるととても嬉しそうで、最初のトークでは声を詰まらせて

    「慣れって怖いな。コロナ禍になる前は、今日は7割の入りですとか、6割です。なんて言われたら、私の力不足やろか。ってガッカリしたりしてたんです。はっきり言って。
    それが、最近は半分とか、更にそこからキャンセルが出てもっと少ないという客席に慣れてしまって。。。

    こうして、お二階、三階までいっぱいのお客様の前で歌わせていただくことが、こんなにも嬉しいことだと。。。。(感涙)
    ありがたいことです。

    お二階、三階のお客様に届くように、精一杯歌わせていただきます!!!!」

    その直後の桜の如くの
    「希望(のぞみ)捨てずに歩いて行けば
    きっと光が見えてくる」
    が沁みます。

    時おり喜びを噛み締めて込み上げてくる感情を
    「あかん。あかん。自分が感動してないで、しっかり歌でお客様に元気になってもらわな」
    って思い直すような、きっとそんな気持ちなのかな?というのが、夜桜お七まで続いたと思います。

    冗さんとのトークのときは

    冬美ちゃん
    「男の火祭りで(あっぱれソーレ!をお願いするとき)お二階、三階のお客様も。って本当に久しぶりに言ったと思います。本当に嬉しい!!

    冗さん
    「ひとりひとりのお宅を訪ねてお礼を言いたいくらいでしょ?」

    冬美ちゃん
    「ほんとに。ひとりひとりハグしてチューしたいくらい!!!」

    《歓迎》ハグ&チューの会《発足》

    普段、「チュー」とか冬美ちゃん言ってるのなかなか聞かないと思いますから、んまぁ、そりゃーもう、冬美ちゃんの喜びが伝わるトークでした。

    そして有言実行の冬美ちゃんのこと。
    えっと、ハグ&チューの会会長に勝手に就任しましたりんと申します。
    今後。しつこくこの件の実現に向けて尽力していく所存です。
    もし今後、コンサートが再開しているのに私がいない場合は、この件で出禁くらったと思ってください(笑)

    とまあ、冬美ちゃんがテンションMAXなら客席だってドMAXなのは当たり前!

    いやーーーー、楽しかったーーー!!!

    スキージャンプもぴょんぴょんしてくれて、特に夜の部は目の前でのぴょんぴょんにかわいすぎて頭まっしろになりました。

    ひっひっひーーーー!!って感じで、背中に大量の汗をかき、体温が5℃は上昇したはず。やばかったー。

    これも昼かな?冗さんに銃爪でマイススタンドをブンブン振り回してて凄いと言われると

    「今日だけですよ。奈良ではこうやって棒立ちで歌ってましたから(笑)」

    と大ウソ(笑)

    さすがに冗さんに
    「あなた、それは嘘でしょ。昨日来てた方もいらっしゃるんですからバレますよ」

    と突っ込まれていました。

    昼は火の国の女の歌詞を間違えたと告白(私、気づけませんでした)
    夜はブッダの「唇」と「くちづけ」がごっちゃになり「クチにょご」みたいになったと告白
    (これは気付きました♪ご自身でもウケてちょっとの間込み上げる含み笑いを押し殺すような笑顔がかわいかったです)

    両方、ご自分で告白しなければわからない程度の間違いなんですけど、何度も書いていることですが、絶好調のときの冬美ちゃんは歌詞を間違えたり、動きがいつもと違う事がよくあるので「ノッてる証拠」的な意味で書いております。

    常連ファミリーならこの感じわかるはず!!

    悲壮感漂う感じではなく、カラッと
    「今年前半のコンサートはこれが最後なんです。昨日が初日で今日が千秋楽!」 
    と客席を笑わせていました。

    きっとそーゆー予定であることは、わかっていたでしょうから、昨日の
    「この二日間コンサートが無事に行えることに今年の全ての運を使っても構わない」
    という覚悟になっていたのでしょう。

    「今まで壁に向かって練習する日々で、こうしてたくさんのお客様の前で歌えることが本当に幸せです。まあ、明日からまた壁に向かう日々にもどる訳ですけれども(笑)」

    冬美ちゃんは根は真面目だけど、どこかカラッと明るい割り切りがあったり、特に人に伝えるときの言葉は笑いも混ぜつつ前向きです。

    歌も受け取り手の気持ち次第でそれぞれに受け止め方も違うような表現で伝えてくれめすが、それはトークのときにも共通しているように思います。

    私は、この二日間で心が晴れました♪

    コンサート中に幸せなのはもちろんですが、年明けからのオミクロン野郎としてコロナがカムバックしてきた憂鬱なモヤモヤが、冬美ちゃんに
    「しつっこいコロナのヤツに負けないように」
    という言葉や歌で吹き飛ばされたのです。

    きっと、これからも、自分ではどうすることもできないことってあるでしょうが、私には冬美ちゃんの歌があるから大丈夫。
    いつでも何があっても幸せでいられる。

    しーんぱいないさーーー!!

    なんか、そーゆー、とってもカラッとした幸せな気持ちに、今、満たされております♪♪♪

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 京都コンサート!
あなたの情報:




スポンサーリンク