UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

Love Songs Special Eve Night 2014年12月24日

1、また君に恋してる

で登場。

赤のドレスに黒のモコフワ。

いやん。素敵♪

冬美ちゃんコールに応えて、はにかんだ表情♪

ちょっとトークがありまして・・・

 

2、なごり雪

3、オリビアを聴きながら

高めの椅子に座ってしっとり。で、うっとり♪
4、大阪で生まれた女

5、酒場にて

グラスを傾けながら、なんとも悪女風。
萌える♪

 

6、北国行きで

 

ここからはnewアルバム。

7、花嫁

8、秋桜

9、私は泣いています

10、酒と泪と男と女

 

MC

 

11、「いちご白書」をもう一度

12、悲しくてやりきれない

13、若者たち

 

アンコール

 

14、そしてまた会いましょう

 

特に私がキュンキュンしたのは、酒場にてと、私は泣いています。

 

酒場にてはMCのときから、いつもだったらストローつきのドリンクをチューっと飲むのに、本日はおめかしバージョン。

ロックグラスのお酒(風)を片手に歌う冬美ちゃんの悪女っぽい表情に、確信犯的な色気が漂い、ちょっと照れてる?いや浸ってる雰囲気が、今夜はやったるで。酔わせたるで。的な小悪魔を感じてキュンキュン。

色っぽく、素敵♪

私は泣いていますでは、
花嫁、秋桜でピュアな冬美ちゃんを魅せたあとに、急に色っぽく、ピアノ奏者の椅子に背中合わせに座っちゃったりして、オイラたちをキュンキュンさせて、最後にはステージにじかに座っての大サービス。

ピアノの椅子から立ち上がって、ピアニストさんの肩を思わせぶりに軽く触る仕草は、冬美ちゃんらしくもなく、それでいて冬美ちゃんらしく、あんな雰囲気はないと思ってたのに、今日はクリスマスだからサービスしちゃうよ♪的な雰囲気満載。

すでに惚れてる私たちを、まだそんなに惚れさせたいんかい!
あ~。あ~。わかりました。ずっぼりまだまだ惚れ抜いてみせましょうとも。
え~~~~~ん(泣)

って感じでした。

あと、ラストの「そしてまた会いましょう」は、発売当時からファミリー人気の高い曲で、生で聴きたい。コンサートに入れてもらいたい曲の最有力候補でしたからうれしかった~~~~。

まぁ、縁起でもないですが、自分が死んだときには、この歌で送り出して欲しいなぁ。と常々思ってましたが、生で聴くと死よりは生きてもっと冬美ちゃんの歌声を聴きたい。と欲が出ました。

 

全体的には、こんな200人くらいで観るにはもったいないクオリティーで、ディナーショーとか、コンサートでもいいけど、もっと大きな舞台でやってほしい感じでした。

随所に冬美ちゃんらしい照れもあり、それでも私ってこんなに「女」なんだから♪ってゆー、ちょっと幼い女性が背伸びしているような雰囲気もあり・・・

冬美ちゃんが彼女だったら、こーゆー、ちょっと背伸びした悪女気取りな態度とっちゃったらギュッと抱きしめたくなるような、男心をわしづかみにするかわいらしさがありました♪

私は男じゃないし、冬美ちゃんはおねぇさんだけど、自分が冬美ちゃんより年上の男性になったような気分になりました。

 

あ~、かわいい♪

 

冬美ちゃん自身も、今日は緊張せずに楽しんで歌いたい。とおっしゃっていましたが、歌の内容を伝えよう。というコンサートとは一味違って、あのエンジェルボイスを気持ちよく感じていいんだ。と聴く側も歌声に酔う気まんまん。って雰囲気になりました。

応援でもなく、ただただ、冬美ちゃんの歌声に酔い、ただただ冬美ちゃんのかわいらしさに酔い、ただただ、冬美ちゃんに出会えた幸せを噛みしめ、そんな時間をもてたことに感謝、感謝のありがとうでございました。

素敵なアルバムの企画に感謝しつつ、まだ見果てぬ冬美ちゃんの歌の可能性にワクワクしつつ、毎年新しい一面を披露してくれる冬美ちゃんのサービス精神に感動しつつ、最高のクリスマスを過ごすことができました。

この様子が2月にはみんなで観られることも、とってもありがたいことです。

BS-TBSの方々、ありがとうございます♪

 

演歌な冬美ちゃんも大好きですが、アナザーな冬美ちゃんももちろん大好きです♪

もうね。みなさんそうだと思いますけど、丸ごと坂本冬美さんという存在自体が好きで好きで好きで好きでしょうがないんですよ。私たち♪

あ~~~~~~~~~~、かわいかったなぁ。

きっとあやちゃんちでファミリークリスマスなことは、みんな予想してるのに、ちょっと思わせぶりにしてみるあたりも、冬美ちゃんらしいのです♪

 

もう♪ 大好き♪

 

本日も遠征組含めてたっくさんのファミリーにお会いできて、同じように冬美ちゃんを愛して止まないみんなと、大好きな冬美ちゃんを満喫させていただいて、ほんっとに素晴らしい人時を過ごさせていただきました♪

ラブソングスシリーズを生み出した山口さん、天才!!

来年はどんな選曲で、どんな世界を魅せてくれるんだろう(プレッシャー)

あ~~~~~~~~~、八百万の神様、ありがとうございました♪

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね! (1)
  • やるね! (0)
  • さすがだね! (1)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Brayden McNabb Jersey