2019.3.29 ENKAⅢスペシャルライブ at けやきホール

最高に最高に最高で、アルバムごと全部歌ってくださいました!!

アルバムも素晴らしいけど、生でこうして全曲聴ける機会というか、歌ってくださったことに感謝します!!!

どれもこれもやっぱり素晴らしい歌。

いっぺんに聞いてしまうのがもったいないとも思えました。

ドレスでのENKAバージョンの火の国の女。
これ、定番にしたら、「坂本冬美」のイメージってまた新しくなるんだなぁ。。。って少し未来の    冬美ちゃんが見えるようでした。

背中が裸(笑)のマルシアさんもゲスト出演♪

おおいに盛り上がりました。

でも、きっと冬美ちゃんから見たら客席は静かに感じたのでしょうね。。。

きっと、ご本人にはわからないでしょうが、間奏で拍手をすることも音を邪魔するようでもったいないし、音が止んでいるときには心のほうがヒシヒシ。ヒシヒシと震えとりまして声は出ないものでございます。

私としては改めてファミリーが冬美ちゃんの歌声を楽曲を真面目に真剣に受け止めている人ばかりで、自分たちで言うのもなんなんですが、良いファンだなと(笑)(笑)

いつもはふざけてますが、ひとりひとりの胸にはしっかりと冬美ちゃんの歌が楽曲が届いております!!

ドレスでENKAを歌う冬美ちゃんが大好きです!!!!

 

 

さて、曲目を順番に並べ替えましょう(笑)

港町ブルース

MC

二人の旅路
空港

MC

女のブルース(アンジェリーナちゃんの前にぺたりと座っての、んもう。それはもう。cast読んでるから、それはそれはもう!!!)
噂の女

MC

ふりむけばヨコハマ
望郷
君こそわが命

アンコール

火の国の女

マルシア(←冬美ちゃんの発音)登場

大阪ラプソディ

たぶんこうでした。

 

フワーっとね。頭の中が真っ白になっちゃうんですもの♪

ここのところずっと「ENKAⅢ」がマイブームなので、特に港町ブルースしびれます。
歌詞がとても好きなんです。
気持ちよく並んでいて、地名が次々と出てきて、その地名にも感情が乗せられる冬美ちゃん♪

全部聴いてからの5番?6番?最後の♪女心の残り火は 燃えて身を焼く桜島♪のところが超好きなんですよ!!

それまで北から港町が南下していって、最後だけが歌詞の前半に地名出てきて、♪ここは鹿児島旅路の果てか♪ってなる、この頭から最後までの歌詞の流れ。

んで、地名以外のところの歌詞もんまぁ良い!!

新歌舞伎座ではショートバージョンだったんだけど、アルバムで聴いたら「うわっ!こんな歌詞だったの?わおわおわお。ってなってフルコーラス希望だったのです。

♪別れりゃ三月待ちわびる♪のところも好き。
ってゆっか、やっぱ歌詞全部好き。

こーゆーの好き!

熊野路へにも共通するんだけど、全部の歌詞好きだけど、ラストにそうやってつながるのかぁ。。。とか、地名で歌詞をくわれる分、地名以外は言葉数は少なくなるので、その限られた文字で、  んまぁ、よくこんなに女心が現わせるものだと。。。

歌詞つきで冬美ちゃん本気歌唱でフルコーラスって、やっぱスペシャルライブってステキ♪

フルコーラスだったかな?だったと思うんだけど、、、、きっと、、、、←だんだん自信失ってる。。。

 

二人の旅路もだーーーいすき!!

空港もお久しぶりです♪新歌舞伎座以来。

宇多田ヒカルさんのくだり、面白かったねー。
ちなみに同期は西田ひかるさんと石田ひかりさんです。

女のブルース。。。。。。。。。。。

これだけでお酒すすむやーーーつ!!!

噂の女もやっぱりいいなぁ♪

んで、「ふりむけばヨコハマ」

これも生歌で一度拝みたかったので大満足!!
その後マルシアさんが登場したときに
「自分以外がふりむけばヨコハマ歌うのを聴いたことがなかったので、改めていい歌だなと。」
とマルシアさんもおっしゃってましたが、アルバムで聴いたとき私も思ったー♪

しっとりとした内容にリズム。リズムはあるのにしっとりと切ない感情。

これは冬美ちゃん得意分野だと思います♪
あとからマルシアさんが出てくることも知らなかったので「この歌もらっちゃいたい!」と心で熱望しちゃってたので、マルシアさんが登場したとき思わず

「す、すいません。」という気持ちになりました。

 

そして「望郷」

これは切なくて重たくてたまらない気持ちになりました。

♪幸せ薄い〜♪の♪う〜すぃ〜〜♪のとこから、んもう。んもう。んもう。。。です。

ただ今回のこの感情は生歌を聴く以前からCDでも悶えてましたので、それだけ感情が生じゃない作品からも伝わってきてたということでしょう。

好きというか「たまらない」という感じです。

 

「君こそわが命」はこのアルバムの中では最も生歌を聴いている楽曲。

それでもやっぱり魂を持っていかれちゃう。

なんだか腰が痛いんだけど、微動だにせずに聴き入っちゃって変なところに力が入ってたんでしょうねぇ。今思うと。。。

 

んで、放心状態になっていたので、アンコールをすぐにって余裕がなくて、なんちゅーか

「わんわんわんわんわん。。、。」

みたいな。心が頭が耳がそんな感じになっちゃってたんです。

冬美ちゃんアンコールをすぐにしなかったことにご立腹でしたが(笑)本当に感動していたんで!!

そして、火の国の女!!

あのポーズは、鮎のときの「ジャジャッ」のときの横向きからの前方呼び出しポーズです(笑)

これがお着物の袖で表現していることを、ドレスの上に羽織ったフワフワのブラックのストールを 見事に生かしてパフォーマンス!

これ、マジ、カッコいいから。

まさに「ENKA」でした。

カッコいーよー!カッコいーよー!カッコいーよーーーーー!!!

 

んで、大阪ラプソディ。

重くなりすぎた心が、マルシアとのトークや笑顔でのこの歌唱で幸せに昇華しました♪

マルシアとのトーク、やっぱお互いかわいくて好きでーーーす♪

あ。出待ちのはっぴばーすでー♪冬美ちゃん喜んでくれて良かったですよね!!

あんなに暗かったのに、冬美ちゃん便りの写真とてもよくみんな写っていて驚きでした。
わざわざ鈴木マネージャーが取りに行ってくれたデジカメだからかな?

昨日はドレスでのライブ後に、お着物に着替えてから3曲ほど続けて収録があるとのことで、残念ながらそのお着物部分は非公開でした。

そのため、外でみんなで冬美ちゃんを待っていたのです。

その待っている間も、スタッフさんたちがちょこちょこと観に来てくれて
「まだかかりますよ」
「お着物に着替えるからお時間かかりますよ」
とか、冗さんも司会の出番はないけど観に来ていただけなのに、みんなに囲まれて(笑)
色々話してくれました♪

そろそろってなった頃には
「今終わりましたからお着物から着替えたら出てきますよ」

と伝令?が来ていたのに、すぐに冬美ちゃんがお着物のまま現れました。

そのときは舞い上がって気付けなかったのですが、ファミリーが待っているから少しでも早く出てあげよう。ということでお着物のまま帰ることになさったんでしょう。。。

さらに、はっぴばーすでーを全員で歌ってお祝いしたら、「記念に写真を撮りましょう!」と言ってくださって。

お着物のままストンとしゃがんで。。。

初めは冬美ちゃんのスマホ?で鈴木マネージャーが撮影していたのですが、冬美ちゃんが
「鈴木さん!なんで?カメラは?」
「サボらないでカメラで撮ってよぉ。」

で、車に鈴木さんがカメラ撮りにいく間も、みんなに聞こえる声で冬美ちゃん場つなぎ。。。
今思うと、お着物姿でしゃがんだまま、左右のファミリーと話したりで、まあまあの時間をその体勢でいてくれたんだなぁ。。。

写真撮り終えて立ち上がるときもスッて感じで。。。

こっちは「よっこらしょっと」って感じだったから。おお。冬美ちゃん。さすが!!お着物でスッと立つんだぁ。。。って思いました!

ラッキーにも近い近い近い場所にしゃがまれたので斜め後ろから間近にお着物の髪型が拝めましたが、それはそれはそれはそれはお綺麗で、後ろから見ても美人でした♪♪♪

1ミリも隙のないお着物姿。

ファミリーに気さくに話しかけ、勝手に待ってるだけなのに「待たせちゃってるなぁ」と思う心!!スター様なのに、誰よりもそう思う心!!

なにも、大事にされたくてファンをしてる人はいないんですよ。みんなファミリーはただただ冬美ちゃんのことが大好きなだけ♪

だけど、冬美ちゃんの心がこうなので、ついついまたもっと大好きになっちゃうし、ああ、冬美ちゃん!!さすが!!!って思っちゃいました。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(0)
  • さすがだね!(0)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク