2014年7月13日 五木ひろし特別公演 (冬美ちゃん)最終日

いやー、昼の部に冬美ちゃん泣いちゃったの(>_<。) かわいかったあ(;_;) 浪曲を歌い終えて、五木さんの熱唱に胸を打たれたようで、キュッと唇を噛み締めて… 五木さんは異変に気付かず、浪曲を二葉先生が教えてくれるようになった経緯を冬美ちゃんにふると… 声を震わせながら… 私、12年くらい前に一年お休みを頂いていて… その時に二葉先生のお声が… (泣いてしまって声が詰まって) あ、すみません…

感動してしまって…(泣き声)

すみません…

少し…泣いてもいいですか…

(しゃくり上げるようにキューン(>_<)って泣いちゃった…) (しばらくハンカチで止まらない涙をふきふき。) ごめんなさい…色々なことを思い出してしまって… 子供の頃から観ていた五木さんとこうしてご一緒する機会を頂いていて… こうしていられることが…本当にありがたいことだと感謝しています。 五木さんがフォローしてくれて、二葉先生が毎回観に来てくださっているということで、二人で舞台からお礼の深い礼。 少し持ち直した冬美ちゃん。 ごめんなさい。ちょっと…五木さん、引いてます?(笑) そこから、五木さんが少しまとめてくれて、今の歌を…ということで男の火祭りの紹介をしてくれました。 いつもに増して男の火祭りの歌詞が沁みます。 ♪ありがとう ありがとう♪ の所もいつも以上に深々と礼をしながら… ♪人生ロマンだ 明日に夢を持ち上げて 歌え踊れ 今生きて 日本の歴史を 親から子へ孫へ つなぐ祭りの 心意気♪ 噛み締めるように歌う冬美ちゃんは、自分に課せられた期待を背負う覚悟ができたような逞しさがありました。 エンディングでも冬美ちゃんは謝りっぱなし。 いい年になってるのに、泣いちゃって…失礼いたしました。 困らせてしまいましたね。 と。 五木さんは、 年を重ねると逆に涙もろくなるものだよ。僕もテレビを見ていてもすぐ涙が出てしまうから。 特に動物やワンちゃんのものは泣いちゃうから。 とフォローしてくれました。 冬美ちゃん便りにもありましたが、今回の共演は二葉先生のご指導があったということもあり、冬美ちゃんにとって、とても大きな経験になったようです。 今日で五木さんとの舞台が終わってしまったら…私は明日からどうしたらいいのでしょう… 明日は休演日ですけど来てもいいですか? と、かなり取り乱した様子の発言もありました(笑) 五木さんには、明日はこなくていいからまた共演しようとたしなめられていました(笑) もう、全ての言葉や仕草がかわいくて… キュンキュンしました(>_<) 冬美ちゃんだって28年目の超大物歌手なのに、このピュアな感度! 二葉先生への感謝、五木さんへの感謝、五木さんファンへの感謝などなど、ひっしひしと本気で感じて冬美ちゃんの心が満員になっちゃって、涙が溢れちゃったなんて……(∋_∈) しかも、抑えきれなくなった感情を 「ちょっと泣いてもいいですか?」 って断ってから、子供のようにキューン(>_<。)て泣いちゃうんですよ! もう……五木さんにはヨシヨシしてあげて欲しかったなあ…… どのような経緯で今回の出演になったのかわかりませんが、やはり選ばれし歌姫には来るべくして来るタイミングだったのでしょう。 初日と二日目が終わってからの冬美ちゃん単独コンサートが素晴らしかったですが、冬美ちゃんの千秋楽が終わってからの単独コンサートもまた違うような気がします。 全ての想いを胸に秘めて、また一歩前進した瞬間に立ち会えたようで、とても嬉しかったです♪ あーー、冬美ちゃん大好き!!

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(1)
  • さすがだね!(5)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク