2014年7月5日 ティアラ江東コンサート

はあ……(∋_∈)

やっぱりコンサートは最高ですね!

2時間たっぷりと様々な表現で私たちを酔わせてくれて……

坂本冬美さんはやっぱりスゴい!
こんなに素晴らしいコンサートが見られる自分が幸せ♪♪

とにかく、そんな、幸せな気持ちが体の隅々にまで行き渡るような素晴らしいコンサートでした!

久しぶりのコンサートだったので、会場の「待ってました!」の気持ちがたくさんの掛け声になり、冬美ちゃんの「ただいまあー!」が聞こえるような昼の部。

夜桜お七ではトップスターのオーラを放ち、オープニングトークではおちゃめな冬美ちゃん♪
男の劇場、男の情話ではアニキっぷりを発揮しつつも、凛とした美しさがあり。。。
男のように男歌を表現する女性演歌歌手はいても、女性としての立ち姿や美しさを携えてなお、男らしい男の心を歌えるのは坂本冬美、ただひとりなんだと再認識。

はあ……かっこいい(∋_∈)

かと思えば黒のメーテルドレスで現れた冬美ちゃんは、その美しさと腰の細さだけでも感動的。
その姿から冬美ちゃんにしか出せない歌声でやさしく切なく歌う「逢いたくて逢いたくて」

透き通る声で「愛のさざ波」

そして……
こんなにもかっこよかったっけ?
「真っ赤な太陽」

特にリズムの早くなる
♪激しい恋に……♪
のあたり。
脳から血が噴き出すほど興奮してしまい、倒れるかと思いました( ´艸`)

冬美ちゃんからも
「ここ好き!かっこいーでしょ!」
って聞こえてきました!

すでに、かなりの満足度で坂本冬美という幸せが身体中を満たした頃、アジアの海賊、冬美のソーラン節。

やっぱりコンサートだね!
劇場もいいけど、こんなに歌だけでも表現できるカテゴリーがあるんだもん。
2時間なくっちゃ、出しきれないさ。
ひとつとしてかぶるものがなく素晴らしい。

あーー、冬美ちゃんのコンサートに出会えて幸せ♪♪

そうこうするうちに岸壁の母。
この感想だけで一晩中語れます。
劇場公演、五木さんの公演を越えてまた一段とわかりやすく変化を遂げた岸壁の母。

何かあるごとに、本当に階段を昇るように一歩一歩前進しているのが素晴らしい!
二葉先生もそうだったのかな?
歌手と歌って運命的な出会いをして、一緒に歩んでいくんだなあ……
そう思いました。

今回は浪曲部分より歌の部分が変化したように感じました。

新作の一本刀土俵入りと並行させたことで、岸壁の母は「得意」という自信が持てたのか、貫禄を感じる安定感がありました。

大丈夫かな?なんて心配するとこうして更にスケールアップしちゃってるのが冬美ちゃん。
スゴい人だなあ……

トークをしながら現れても、スターオーラがキラキラキラキラ。
私のステージ、私のバンド。私の照明、私のセット。
そこで歌うのが坂本冬美です。

そんな大物演歌歌手・坂本冬美がかっこよすぎます!

やることやってここにいますが、何か?
みたいな!

あばれ太鼓、能登はいらんかいね、火の国の女で当たり前のように全ての観客の心を掴み……

昼の部ではなりやまない拍手に土下座までしてもなお拍手が止まず……

走り込みをして鍛えた投手の直球。
心に投げ込まれるのは技術は高いけど、やっぱり最後はど真ん中のストレート!風に立つ!

冬美ちゃんらしい、最高のコンサートでした。

何度でも言いますが、冬美ちゃんと同じ時代に生まれてきてよかった!
これ以上の幸せはございません(`◇´)ゞ

ありがとうございました(≧∇≦)

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(0)
  • さすがだね!(1)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク