星々の舟   村山由佳著

村山由佳の「星々の舟」を読んだ。第129回(2003年上半期)直木賞受賞作である。きっかけは坂本冬美に提供した「遠い波音」の作詞家ということで、その世界観に興味を持ったのである。不思議な読後感がある。なんだか長い旅をしてきたような気分だ。もう一度、時間をおいて読み直してみたい。次は「ダブル・ファンタジー」だな。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク