酒と演歌と男と女    猪俣公章著

この本が出版されたのは1993年7月15日、猪俣公章が亡くなったのは同年6月10日。猪俣公章はこの本が出版される日を待たずに亡くなった。まさに絶筆である。この本には、猪俣公章と坂本冬美の深いつながりが随所に記されている。・妻の妊娠を真っ先に打ち明けたのは冬美・婚姻届を出したのは冬美の誕生日・披露宴では祝い酒を涙をぼろぼろ流しながらの熱唱・ずばぬけた根性の持ち主・群を抜く素質・最優等生、十いったことを十二くらい実行する・性格的にきれい好き・なんにも文句...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク