2009年1月16日金曜バラエティ

 

NHKスタジオからの生放送。
ハガキが当選しないと行かれないのですが行ってきました。

中村あゆみさんと二人の共演だし、25分番組なので、アジアの海賊と翼の折れたエンジェルの2曲とトークかな?と思っていたのですが、オープニングは冬美ちゃんひとりしゃべりからスタート。
幕が開くとあばれ太鼓。
司会の二人を交えてトークのあとは夜桜お七。

このようなカラオケで歌う番組だと、冬美ちゃんの歌の上手さが際立ちます。
コンサートのように音響は良くないのですが、きちんと歌が歌詞と一緒に伝わってきて、冬美ちゃんの美声だけに集中できて、とても好きです。

中村あゆみさんを呼び込み、4人のトーク。
アイコンタクトを交えつつ、お二人の信頼感が伝わってきます。

そして、中村あゆみさんの翼の折れたエンジェル。
リアルタイムではまっていた中村あゆみさんの歌唱には正直感動しました。

客層は冬美ちゃんファンになってから見慣れた演歌のお客さんなのですが、そのお客さんに合わせよう。という気はないようで、「これが中村あゆみです!ど~ですか~!」と言わんばかりの堂々とした王道ロック。
客席が圧倒されていますが、かな~り興奮してしまいました。

そして、アジアの海賊。

登場用に準備されたセットが二つにわかれて冬美ちゃんがあの衣装で登場!ギャー!かっこいい!!

♪追い風吹けば 波にのれ♪
歌い出すと・・・あれ?音が聞こえない。
冬美ちゃんの声と太鼓、尺八、三味線の音しか聞こえません。

ちょっと冬美ちゃんもあれ?という顔をしたような・・・

カラオケの音が入ってくるとちょっとズレてる。
やっぱり聞こえてなかったんだ・・・
どうしよう。ってか私にはどうにもできないか・・・

アカペラで太鼓に合わせて歌うような雰囲気に、冬美ちゃんの歌声がとても強調されて聞こえてきました。

♪あ~~あ~~~♪のあたりから普通な感じになってズレがなくなりましたが、最後まで冬美ちゃんの歌声と、尺八、三味線、太鼓の音とカラオケの音量の調節はおかしな感じでした。
歌いにくいだろうなぁ・・・と漠然と思いつつも、それでも堂々と歌っている冬美ちゃんを見ると、気のせいか??とも思いました。

太鼓の場合は放送されるときは音量が調整されますが、生のスタジオが狭いと太鼓の音が大きすぎることがあるので、そんな状態なのかな?とも思っていました。

歌い終わった冬美ちゃんの様子がちょっとおかしくて、あゆみさんが隣に来た瞬間にマジメ顔で話しかけているので、あ、これはやっぱり何かおかしかったんだな。と思いました。

放送終了後に、司会の小田切さんとバニラちゃんが話しているのに、冬美ちゃんはあゆみさんとマイクを通さずマジ顔で話し合い・・・
その状態に気付いた小田切さんが「お二人とも話しを聞いていないようですが(笑)何を話しているのですか?」と振ると、あゆみさんが、
「冬美ちゃんがおかしくなかった?と聞くので、最初はズレたけど、そのあとは大丈夫だったよ。って話してたんです。」
冬美ちゃんもお客さんにむかって
「カラオケが全然きこえなくって、大丈夫でした?まぁ、終わっちゃったんだからしょうがないですよね。今更・・・」と自分を納得させているようでした。

その後は歌謡コンサートをバニラちゃんも見たという話しで、冬美ちゃんが
「お話しをしてから歌だったんですけど、緊張しているからお話をするのが大変で・・・新曲のときは歌だけにして欲しいです(笑)」
歌謡コンサートの司会もしている小田切さんも
「ちょっと段取りが変わったりしますしねぇ・・・」とフォロー。

冬美ちゃんも言いたいことがたくさんあるようで、
「アジアの海賊は歌い出しが緊張するんです。♪追い風吹けば 波にのれ~♪のところを失敗しちゃうとおかしなことになっちゃうので。♪あ~~あ~~~♪あたりまでくると気持ちよくなってくるんですけどね(笑)」
とチラっとあゆみさんを見ながら、緊張する心境を伝えていました。

あゆみさんは冬美ちゃんのことを
「歌がとにかく上手いし、かっこいい。私は冬美ちゃんの大ファンなんですよ。」と褒めてくれます♪

それから、あゆみさんの衣装の話になり、冬美ちゃんが
「40歳超えて、こんなに脚が出せるのはあゆみ姐さんしかいないでしょ」といえば、あゆみさんも
「これでも長め。いつもはもっと短いけど、NHKだから(笑)」

アジアの海賊仕様の髪型のせいか、あゆみさんと話すせいか、着物で話す冬美ちゃんよりも身近に感じられるトークで、得した気分でした♪

その後、秀秀のお二人と、宝さんの3人で「宝トレジャー」?を結成したとのことで、演奏をおまけで聞かせてもらいました。

その間に冬美ちゃんは帰ってしまったらしく、出待ちはできませんでしたが、あゆみさんにお会いすることができ、あゆみさんは私たちが冬美ちゃんファンと知って、
「ヨイヤサの掛け声してくださいね!私がミュージックフェアでやっているから、それを見てあそこで入れてください。盛り上がるから。私が行かれないときは皆さんでお願いしますよ!私は冬美ちゃんのファンだから。」
と、とてつもなくフレンドリーでやさしい方でした。
顔も小さく、キレイで、ふわっとしたやさしさがあり、警戒心がない堂々とした立ち振る舞いがかっこいい女性でした。

家に帰ってビデオチェックをしてみたら、あんなにトラブルがあったのに画面で見る冬美ちゃんは困り顔には見えないし、堂々と歌っているように見えました。
ピンチに強い人だなぁ。と思いました。

何人かに電話をして、ちょっとトラブルがあったけどわかった?と聞くと、全員わからなかった・・・とのこと。
改めて、冬美ちゃんのスゴさを感じた1日でした。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(0)
  • さすがだね!(4)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. dosyaburiame より:

    すばらしいレポありがとうございます。
    金バラのトラブルは二回連続ですね。前回は夜桜お七でやはりカラオケがながれなかった。テレビでは流れていましたが。それにしても新曲を太鼓と三味線そして尺八でリズムを取ってトラブルを感じさせないで歌いきる冬美ちゃんは本当にすごいですね。並みのプロにはできないことと思います。新曲の披露ですからNHKにはもっとしっかりしてほしいです。
    それと、あゆみさんの歌唱力とパワーにはびっくりしました。ロックにまったく縁のない私が一直線でファンになってしまいました。1/24 2005ベストをアジアの海賊の追加と一緒に買ってきました。