2009年1月13日歌謡コンサート

 

行ってきました歌謡コンサート。

何回も行っているし、新曲を初めて歌うときには必ず行こうと決めているのですが、今回はちょっと気合いが違います。

ファミリーの仲間とも相談して、例のペンライトを持参し周りの人にも協力してもらってちょっとでも冬美ちゃんに「応援が来てるよ!」と伝われば心強いかな。とか、来ているお客さんにもテレビで応援している在宅ファミリーの方々にも「ちゃんと応援してるよ~」と伝わればいいなぁ・・・と思いながらの参加でした。

歌謡コンサートの座席は紅白歌合戦と同じで、会場の入り口でくじ引きならぬ「席引き」があり、渡されるまでどこの席だかわかりません。

早く行ってもいい席とは限らないし、仕事もあるのでいつもギリギリにしか行かれず、ここ最近は3階席の後方が定番化しつつあります・・・

今回も2階席の左端の最後列・・・ざ、残念・・・

ちょっと気落ちしたのですが、とりあえずはすぐ前の列の方に声をかけました。

「あのぉ、どなたかの応援でいらしたんですか?」

「特に誰の応援ってことはないですよ。」

「じゃぁ、冬美ちゃんのときにこのペンライト振ってもらえませんか?」

「え?いいんですか?うれしい!私、冬美ちゃん大好き♪」

幸先のよいスタートでとってもうれしくなり、両隣、前列の別の方と続けて声をかけてみると、騒ぎに気付いた周りのお客さんから

「こっちにもちょうだい!」と声がかかるようになりました。

通路に出て、私たちが座った席のブロックの方々に同じように

「どなたかの応援でいらしたんですか?じゃぁ、冬美ちゃんのときに・・・」と続けて声をかけるとあっという間に手持ちのペンライトがなくなりました。

お客さん同士も大抵は二人か四人で来ている方が多かったのですが、たまたま隣に座ったお客さん同士で声をかけあって、水滴の波紋が広がるようにペンライトのことが回っていきます。

とてもたくさんの方から「冬美ちゃんが一番好きなのよ。」という声をもらいました。また、ペンライト初体験でうれしい♪とちょっと興奮したような感じ。

私たちと同じように2階席後方の席くじにガッカリ感が蔓延していたことも奏功して、予想外の好感触♪

ペンライト席全体が、冬美ちゃんの出番を待つという雰囲気に。

本番が始まると、冬美ちゃんはいつものように着物姿で現れました。

「え?アジアの海賊歌わないの?まさか・・・」という気持ちを持ちつつ、着替えはまだか、出番はいつかとソワソワする時間が続きます。

ついに冬美ちゃんが出演者席から退場して着替え(予想)へ。

365歩のマーチの最後になると、暗転している舞台袖から冬美ちゃんのシルエットが登場!

前方のペンライト軍団に「冬美ちゃんですよ!ペンライトお願いします!!」と声をかけると、リレーのように情報が回って、点灯の輪が広がりました。

力強いコメントの後、一番に舞台中央に歩き出す冬美ちゃん。

紅白のときもそうでしたが、腕をグルグル回しながら深呼吸している様子が暗転の中でも見えて、その気合いの入れ方に、客席がざわつきました。

大興奮でペンライトを振り回しましたが、後ろ向きから歌がスタートするので、冬美ちゃんには歌唱前にアピールすることはできませんでした。残念・・・

振り付けも勇ましく、歌い出しから大興奮です。

テレビでは秀秀さんと宝さんの紹介になっていた間奏部分のポーズも見事にかっこよく、♪乗った 乗った ~ 宝島へと船を出せぇ~~~♪もバッチリきまって最高!!

一緒の席で応援した冬美ファミリーは4人でしたが、私たちの席周辺がペンライトによって全体的に冬美ちゃん応援団のようになっていたので、掛け声もかけやすく、普段よりいっぱい掛け声も出ていたように思います。

冬美ちゃんの歌が終わると、自主的にペンライトの回収をしてくれて、人づてにたくさんのペンライトが手元に戻ってきました(笑)

あとは、全部の番組が終わったあとに回収に行ったのですが、皆さん「楽しかった。ありがとう」とか、「冬美ちゃんよかったわねぇ。」など、うれしいことばっかり言ってくれました。

出待ちをした冬美ちゃんがファミリーの人に「ペンライト見えたわよ」と言ってくれた(私は聞き逃しましたが・・・)とのことなので、まずは成功です。

ただ見に行くことから「応援に行く」ことを目的とすると、今まで以上に行かねば!と思いますし、単純に楽しいです(笑)

家に帰ってテレビで確認したら、冬美ちゃんはとても緊張しているようで、手が震えたりしていましたが、♪あ~~~あ~~~♪のところや、♪船をだせぇ~♪の♪せぇ~~~~♪のところが、とてつもなくかっこよくなっていました。

ポーズが映ってないのが本当に残念でした・・・

あと、エンディングではまた着物姿に戻っていたのですが、アジアの海賊の衣装がとても好きなので、あの衣装のままでいてくれたらよかったのにぃ。と思いました。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね!(0)
  • やるね!(0)
  • さすがだね!(2)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク