UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

明治座予約に関して<備忘録>

明治座のファンクラブ優先受付がはじまっていますねぇ。

<2014年 大阪・新歌舞伎座のとき>

劇場公演に参加しよう!の巻 

<2016年 明治座単独のとき>

特別公演&人生、歌がある

<今年の五木さんとの新歌舞伎座のとき>

新歌舞伎座

だいたい書いてる内容は同じような感じだと思いますが(長くて読んでない・・・)劇場公演に初めて行く方、迷っている方、明治座は初めてと言う方、参考にしてみてください。

ちなみに、新歌舞伎座はweb予約がないのでしんどかったですが、明治座さんには「席とりくん」という座席指定までできる優れた予約システムがあります。
http://www.meijiza.co.jp/sekitori/

以前の書き込みにも書いてるかもしれませんが(w
そして席とりくんには会員先行販売というのがあって、今回の冬美ちゃんの公演は12/17(日)が先行発売日です。

狙い目はその発売日と、発売日から1週間くらいしてキャンセルになって浮くあたり、そして一般発売日、同じく一般発売日から1週間ほどしてキャンセルが出るあたりです。

今回はいつもに増して高額なので、望まぬ席では観たくない。この席なら2階のほうがよかった。とか、3階席が高すぎるからそれなら2階で。でもかなり観やすさに差があるし・・・とか、冬美ちゃん単独公演じゃないから当然先輩五木さんファンクラブ席のほうが良席になると思う・・・など思惑が入り乱れていると思います。

もろもろを考慮して、私的オススメは席とり君で納得いく席を納得いく価格で購入する。だと思います。

とにかく良席狙いなら初日と千秋楽を避けるのも手でしょう。
早く会話に加わりたいなら前半でしょう。
入り待ちと出待ちしたいなら1回公演の日が良いでしょう。
1日2回観るなら昼2階の夜1階がいいかもしれません。

こんかい激痛なのは3階席がめちゃめちゃ高額ということです。
やっぱり、だったら2階中央か右がいいなぁ。
新歌舞伎座での冬美ちゃんの舞台たち位置は向って右側でしたが、目線は五木さんを見るので中央よりは向って左側でしたねぇ。ということはどっちでもいいってことか(w

お芝居をちゃんと観たいなら後方でも中央が良いし、きっと花道から1度はせりあがるだろうと予測しての花道脇もよい。

複数回を狙っているなら敢えて全部揃えずに、1度観てから買い増すのもよい。

あと、今回は本当に高額だと思うので、SS席なら16000円だからコンサート2回分以上ですから、1回だけ二階席9000円で観て、何が行われたのかは観ておき、その他のお金はコンサートまで温存する。というのもおおいにアリだと思います。

私はアホなので何回も行きますが、コンサートほど複数観るファミリーはいないです(w

初日と千秋楽と中日がファミリーの多いところですが、今回は千秋楽がお誕生日前日ということもありますから更にファミリー濃度が高いと思われます。
記念日でいくと3月4日は冬美ちゃんのデビュー記念日な上に、日曜日の14時開演の1回公演。最高です♪

余裕があって、何回も行っちゃいたいんだけど。という方に補強していただきたいのは、2/26.27.28あたりの初日と土日明けで極端にファミリーが減るあたり。それと3/8.9の貸切明け。3/14.15.16の中日明けくらいの一番しんどそうな頃です。
ラストスパートの頃になると、やっぱりもういっかい観ときたい。というファミリーがゾロゾロと買い増してくると思うので(w 前半と中日明けの平日が強化したいところでございます。

あと、意外とファミリーが少ないのが土曜の昼の部。やっと土日きた~♪と思っても、あれ?誰もいない・・・ってなります。

どんな構成になるかわかりませんが、今回は過去最高?の長丁場なので、自分が楽しむためには初日・千秋楽・デビュー記念日で、「応援」と思うと手薄な日程かなぁ。なんて思っております。勝手に。本当にごく私的に(w

最後に悪魔のささやきですが、席とりくんの素晴らしいというか恐ろしいところはクレジットカードで支払えることです・・・2018年下半期にどんなビックなイベントが潜んでいるかはわかりませんから、上半期で追っかけ資金を全部使ってしまって借金地獄にならぬよう、私の煽りに屈せず強い意志で自制することをおすすめします(笑)
単独じゃないし、出番は半分だし、コンサートのほうがいっぱい歌ってくれるし、下半期にもイベントあるかもだし、ビルボードあったらまた行きたいし・・・・と呪文のように何度も唱えて、お財布の紐は固結びでスケジュール表とにらめっこしてください←完全に自分に言ってる。

この記事を読んで感想を選んでください。
  • だよね! (0)
  • やるね! (0)
  • さすがだね! (2)
The following two tabs change content below.
りん
管理人の「りん」です。 サイト内のことなどで困ったことはご相談くださいね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です