UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

赤米フェスタ レポ編

ホーム 掲示板 誰でも書ける掲示板 赤米フェスタ レポ編

このトピックには7件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 ヶ月、 3 週間前りん りん さんが最後の更新を行いました。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #16579 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    行ってきました「赤米フェスタ2018」

    会場は赤米という古代米?背の高い本当に赤い稲穂の田んぼの中。

    五重塔以外は一面緑。

    道路を背にしてステージ、溝、地べた座り席用広場、1メートルくらいの段差の上に椅子持ち込み可の広場があり、12時半頃に到着したときにはお客さんが座る広場にはテープが貼られて入れず、広場とステージは丸見えの場所で並びます。

    徹夜組ファミリーが列の先頭に10人くらい椅子で陣取りしてカンカン照りの中でにいました。

    その後ろにも何人くらいだろ?20人とか50人とかそのくらい並んでたかな?

    ステージは田んぼの中にポツンとあり、椅子席には櫓が立ちライトやカメラがありステージに向かってます。

    ステージ上には音響機材や大きなスピーカーが積まれ、楽器が置かれていて、スタッフさん達がマイクのテストなどをしていました。

    13時くらいになると出演者の方々がリハーサルを始めて、曲が流れて歌ってみたり、音をチェックしたりが始まりました。

    ステージの後ろも田んぼで通路もあるのでステージを後ろから見ることもできます。

    控え室っぽいテントは黒い幕で覆われて中は見えませんが、ワゴン車が付いてはアーティストが降りてきてステージでリハーサルを始める。という感じ。

    最初の方はどんな感じかわかりませんでしたが、観ているうちに出演者に30分程度が割り当てられてリハーサルをしていることがわかってきました。

    出演者は冬美ちゃんを含めて7組なので、15時頃には冬美ちゃんのリハーサルかな?ご本人出てくるのかな?と期待しつつ日陰に折りたたみチェア(桃太郎さん持ち込みw)を置いて、おにぎり食べたりしながらのんびりと眺めていました。

    控え室テントに冬美ちゃんが入ってくるんじゃないかと気になるから往復して見に行っちゃうんだけど、曇ったり晴れたりしているので雲が切れるとカンカン照りで焼かれます。

    なるべく体力温存派の私はステージが見える木陰から極力動かずですが、ファミリーの中には往復する人も、往復に疲れて両方が見える場所に座る人も、、、それぞれです。

    何人目かにあゆみさんが出てきて、きっとこの次が冬美ちゃんだな。と思ったので荷物も置きっぱなしでステージ後ろの控え室テントが見える場所にやっと移動。

    あゆみさんのリハーサルが始まるとリハーサルなのに並んでいる人や、ステージ後ろで手拍子してる私たちにもアピールしながら歌ってくれました。

    翼の折れたエンジェルや、悲しみの歌だっけ?「カモン!カモン!」のコールアンドレスポンスがある歌でリハーサルだけど盛り上がります。
    ロックアレンジの「愛の賛歌」がカッコいい!

    この頃になると雲がほとんどなくなってカンカン照り。暑いし熱い!!

    夜桜と蛍の提灯のイントロが聞こえては消えるのでイントロクイズみたいになりました。

    あ、夜桜!まあ、登場はそうだよね。
    また君!うんうん、そーだよね。
    あ!蛍の提灯歌うんだ♪
    うん?このイントロは、、、あ!熊野路へだ!
    新曲も歌ってくれるんだ!
    じゃ、最後は風に立つだね。

    事前に5曲プラスアジアの海賊という情報を聞いていたので、提灯イントロクイズを楽しみました。

    ワゴン車に動きがあり、冬美ちゃんが降りてきました。

    スカートに紺の長袖ブラウスかな?遠いけど美人です。

    大きなつばのある帽子に日傘をさして、顔はほとんど見えないけど美人です!

    熱いし、足元が草や立ちなので綺麗な姿で日傘をさす姫とはアンバランスです。

    「ふゆーみちゃん!」と声をかけると手を振ってくれて「暑いのにありがとうございます」と♪

    ステージ後ろから集団移動して、ステージを正面というか斜めに見える位置をキープ。

    どのくらいの距離でしょう?明治座の一番後ろよりは遠いかな?

    でも丸見えだし、音は全部聞こえるし。

    夜桜お七を歌い出したら、んまぁ良い声!!

    日傘に帽子に片手にマイク。

    なんてレアなお姿でしょう♪

    来た甲斐あったわー♪こーゆーの期待してた(笑)

    舞台上を移動しながら音響チェックしながら歌っているのに、歌自体はいつも聴いているお声と全く一緒。

    軽く歌ってもあのお声なんだと感動。

    一番を歌い終えるとマイクを通して
    「これ全部歌うんでしょうか?あ、このくらいで。」

    次はまた君です。

    こちらも良いお声でのびやかに歌ってもいつものクオリティ。
    なんだかもったいない。
    お客さんがいないところでも普段からこんなにステキな歌声なんだ。。。と当たり前のことなのかもしれないけど感動♪

    また一番を歌い終えると
    「ちょっと途中からカラオケが急に大きくなったと思うんですけれども。大丈夫でしょうか」
    「では、ちょっとイントロもう一度ながして頂けますか?」
    「この後で出ますか?」
    「もう少し小さくしてもらってもいいですか」

    敬語だけどなんというかプロの口調(当たり前)

    お客さん向けじゃなくスタッフさん向けに話してるところなんてメイキング映像くらいでしか拝めないのですが、大好物なので大興奮!!

    後発組のファミリーが到着して次々と声をかけてくれましたが「今見てるからシー!」と失礼な対応をしちゃいました(笑)
    夢中ってやつです。すいません。

    「次の曲はフルで歌わせてください。久しぶりなんで。ちょっと」

    口調はこんなじゃなかったと思いますが、蛍の提灯がフルコーラス聴けるとわかって汗じっとりの大興奮♪密かに。密かに(笑)

    日傘でさらにステージの端までチェックしながら、セリフも入れながら歌う冬美ちゃん。

    この頃かな?撮影用のドローンに驚いたり、目線を合わせたり。

    まあ、目線ったって見えないんだけど(笑)心の目で見えちゃうんです。
    無表情で歌ってるのに、いつもの表情で歌う声が出るもんなんだなぁ。とか、これ、やっぱりもったいなくない?とか、スタッフの人って毎回のコンサートのリハーサルってこんな感じでほとんど聴けちゃうんだなぁ。
    この上手さ、尋常じゃないんだけど。やっぱ天才だなぁ。。。

    もう、邪念しかないです(笑)

    熊野路へも歌ってくれたと思いますが、なんかポーッとしちゃって記憶なし。

    風に立つは途中までかな?

    これも記憶なし。

    ちゃんとファンというか客席に向けて歌ってる歌じゃない歌を聴くことなんかないから、こんなに邪念だらけになるものなのか。。。

    歌声はそのままなんだけど、なんかやっぱり違うんです。聴く方の心の準備の問題でしょうか。

    気が散るなんてもんじゃなく、色んなことが気になります。

    とにかく歌が上手い、良い声。そーゆーことって、多分、本番は、、、あ、いつもそう思ってるか、、、なんだろう?でもなんか違うんです。。。

    音が止まるとあゆみさんと相川七瀬さんが登場!!

    アジアの海賊のリハーサルです♪

    3人で歌うんだぁ♪どーするよこれ。カッコ良すぎだよぉ。ヤバーーーイ!!

    3人が談笑しながら並ぶと、冬美ちゃんの肌の露出ゼロに気づかされます(笑)

    冬美ちゃんが歌い出し、次は相川七瀬さん。前奏のときだったか、あゆみさんにも日傘が渡され、あゆみさんが傘をステージに向けてクルクル回してます。

    そーゆー演出になるのかな?傘を回すの?小道具?と思ってたら相川七瀬さんにも別の傘が配給され、3人で日傘。

    回すんじゃなくて日傘さすんかーい(笑)

    あゆみさんの歌詞が怪しくなると、聞こえないけど冬美ちゃんが
    「あれー?作った人なのにー?」と言う表情で(これも見えてないんだけど)あゆみさんの顔を大袈裟に覗き込むリアクション。

    なんだかとっても良い雰囲気♪

    三人、仲良しなんだなぁ♪って感じです。

    期待の間奏に入ると誰も「ヨイヤッサー」って言わない。、。、。、

    あれ?やらないのかな?やらないのぉ??

    しばらくすると「ノッタ!ノッタ!ノッタノッタノッタノッタ!ソイヤ!ソイヤ!」のところを3人で分割して声を掛け合います。

    ヨイヤッサーじゃなくノッタ!ノッタ!で掛け声しあうのかな?と思ってたら「イチニサンで大逆転!宝島へと船を出せー!」って。

    むむ?どゆこと?

    まだまだ間奏は続くタイミングです。。。

    三人でヤメヤメヤメ!って感じで音を止めて、

    「早かったですね」
    「ここ長いんです」
    「数えたほうがいいね」
    「はい!って言って入るのが早かったかも」
    「もう一度聞いて数えましょう」
    など口々に言い、

    「もう一度、途中から流せますか?2番の終わりから」

    となりましたが、カラオケはイントロからやり直し。

    あれ?この辺で日傘が投入されたんだっけかな?また記憶が怪しい。。。

    間奏まで歌わずに待つのかと思ったら、冬美ちゃんがちゃんと頭から歌い出します♪

    やったー!もう一回聴ける♪♪

    結局2回聞けて、また間奏になるとみんな無言で数えてます(笑)

    かわいい♪

    なんやかんやでリハーサル終了。

    いやー、大満足♪

    早いけど大満足のリハーサルです♪

    ファミリー仲間はこのリハーサルを「昼の部」と呼び始めたので、リハーサルと本番を「昼の部」「夜の部」と呼ぶことが流行りました(笑)

    16時頃には全てのリハーサルが終了し、一度整列し直してちょっと列が移動。

    この頃には続々と人が集まり始めて、、、人の列の目測ができないけど、ながーい列ができていました(笑)

    30分ほどワタワタしてからいよいよ開場。

    ビニールシートやらけっこうなお並びグッズで大荷物になってる人が大移動です。

    あっという間に広場だったところが人だらけに。

    開演は17時15分なので、場所取り後はトイレいったり、着替えたり、カレー食べたり(笑)いろいろ準備。

    車椅子で参加のファミリーも我がファミリーの交渉力で良い場所に移動♪

    トイレが遠すぎて最初の相川七瀬さんの挨拶や市長さんの挨拶までには先というかシートに戻れず。。。

    私がシートに戻った頃にはすっかり場所が落ち着いて、前方1列目にはファミリーが横1列にけっこうな長さで陣取ってました。

    20人くらい?30人弱?横並びで先が見えないから正確数は不明です。

    ライブが始まると入場券代わりの「赤米手ぬぐい」を振り回して!というアーティストさんの多いこと。

    そして、その曲の長いこと(笑)

    後ろの方まで人がギッチリ入ってて、赤米手ぬぐいを振り回せば隣の人に当たる距離感ですが、会場みんなで振り回すので振り返って見るととてもキレイです。

    途中割愛しますが、感想としてはスイートエモーション長いから。腕もげるから。でも最前列だからサボれないから。地べたに座るって腰痛いから。

    そんな感じです(笑)

    とにかく盛り上がりました。

    かなり、私たち、頑張れました(笑)

    隣のなっちゃんが
    「ポップスのファンやるのって体力いりますね」
    と言ってるし(笑)

    たしかに。。。

    私、追っかけしてるのが演歌の人で良かった。。。歳とってもコンサートは指定席で並ばないし、腕も振らなくていいから高齢になっても冬美ちゃんの追っかけできるわ。指定席と会場が屋内って贅沢な大人の遊びのんだなぁ。。。なんて思いました。

    着替えるタイミングがなかったので、風に立つTシャツへの生着替えをその場でしつつ(笑)汗だく!!

    徐々に夕暮れていき、あゆみさんが登場する頃に完全に真っ暗になって五重塔もライトアップでキレイ。

    ただ、ステージ上はライトが照らすから虫がブンブンとステージを飛び回り、あゆみさんの口にはいるんじゃないかって心配するくらい。

    最後のゲストとして冬美ちゃんが呼び込まれると豪華なお着物姿♪

    幻想的な雰囲気でありながら、歌い出せばそこは坂本冬美コンサート。

    お客さんの集中力というか空気も一気に坂本冬美コンサート。

    周りがファミリーだからかな?

    青のペンライトを一斉に点灯させたので、前方1列目はボワーっと青色に。。。

    最後の「ふゆーみちゃん」コールもキレイに決まり(笑)大満足♪

    その後も冬美ちゃんコールをたくさん♪

    どんなご挨拶だったっけかな?

    「坂本冬美でございます。いきなり雰囲気を変えてしまったみたいですみません」

    「このようなステージにお招きいただきありがとうございます」

    「本当にこう、キレイな赤米の稲が茂って。五重塔がライトアップされて、とても素晴らしいロケーションで」

    「さっきからこの方は何かな?と。あ、カメラさんですか。なんだか近づいて来るけどどなたかな?なんで誰も止めないんだろうかと思ってたんですけど、カメラなんですね。良かった」

    「こういった、屋外のステージというのはなかなか無くて。確か10年ぶりくらいかと思うのですが。アジアの海賊でよさこいソーラン祭りを回らせて頂いたときにはこういった屋外もあったのですけれども、とても久しぶりに外で歌わせていただいて」

    「さきほどから、あゆみ姐さんみたいにおヘソ出したり随分涼しそうな格好なんですけど、私はそーゆーわけにもいかないので着込んでますので暑いんですけれども(笑)」

    「虫もね、ほらきた(笑)皆さんはどうでしょう?随分と早くから並ばれた方もいるんじゃないでしょうか?今は良い風が吹いて涼しいですか?」

    「あゆみ姐さんと呼ばせて頂いてますけれども、信じてもらえないんですけど同じ年なんです。えー?って(笑)いいんです。わかってるんです。私の方が随分と上にみえますでしょ?でも実際には8カ月くらいあゆみ姐さんのほうが上になんです(笑)」

    「今回はあゆみ姐さんからのご縁で相川七瀬ちゃんが素晴らしい活動をしていると伺いまして、こうしてご縁を頂きまして」

    「ありがとうございます。なんかこの辺だけ盛り上がってるような」

    順番ぐちゃぐちゃですが、こんなようなお話しをされていたと思います。

    会場のお客さんの心を掴むトークはどんなところでも健在で安心です♪

    それから3曲を紹介されました。

    「また君に恋してると、蛍の提灯という宇崎竜童さんのレゲエ調の歌と、あと熊野路へという新曲を、、、といってもまだ発売していない曲なので、総社の皆様の拍手が少なければ発売をやめようかと。ですから皆様、いい加減な拍手はしないでください。良いと思ったら拍手をしてください(笑)」

    かなり虫がブンブンと飛んでいましたが、精神を統一すると大丈夫なのか、全く動じないで歌をビシーっと聴かせてくれます。

    すごいなぁ。。。

    熊野路への1番を歌い終えると
    「どうでしょう?発売できそうですか?では3番も聞いてください」
    と笑顔で間奏にトークを入れて馬鹿受け。

    さすがです!!

    風に立つの紹介では

    「本当に良い歌なんです。でも隠れた名曲だと思っておりまして。あ、隠れているというのはつまり、売れなかったんです(笑)でもとても良い曲なので大切に歌わせて頂いている歌なのでぜひ聴いて頂きたいと」

    あ、最初のご挨拶で災害のお見舞いをおっしゃってましたね。言葉は思い出せません。

    風に立つの力強さは最大級でした。

    歌い終えると相川七瀬さん!あゆみ姐さんが赤い着物を羽織って登場!

    あゆみさん「冬美ちゃんにこれ以上着せるのはかわいそうなんですけど(笑)」

    冬美ちゃん「いいんですもう。これを羽織るなら最初からこれ一枚で良かった気もしますが(笑)」

    七瀬さん「今回は私のワガママで。この赤米の田んぼは一反から始めたんです。何年大きくなって、この一面に赤米が実る景色を見たときに、ここで坂本冬美さんに夜桜お七を歌って頂きたいと、ずっと思ってたんです」

    あゆみさん「そうなのよ。七瀬ちゃんに頼まれて(笑)去年このイベントでアジアの海賊を歌ったら、なにその曲?ってなって。」

    七瀬さん「そうなんです!何このかっこいい曲は!ときいたら、、、冬美さんに提供した楽曲だと聞きまして。そのご縁があるなら坂本冬美さんをこのイベントに来て頂いて夜桜お七を歌って欲しいと」

    あゆみさん「七瀬ちゃんにお願いされまして(笑)」

    冬美ちゃん「そうだったんですか?あらぁ。嬉しい。」

    七瀬さん「で、早くからオファーしてもらって、去年のこのイベント終わってすぐでしたっけ?」

    冬美ちゃん「1月頃でしたっけ?」

    あゆみさん「違うの。この方忙しいでしょ?」

    冬美ちゃん「いえいえ」

    あゆみさん「忙しいじゃない。特にほら、年末とかは紅白とか」

    冬美ちゃん「いえいえ」

    あゆみさん「だからちょっと落ち着いた頃を狙って(笑)」

    冬美ちゃん「お食事に呼ばれまして(笑)マネージャーもいない、あゆみさんと七瀬ちゃんと。(笑)」

    あゆみさん「ねー。出てって。(笑)」

    冬美ちゃん「9月はちょっと、、、と思ってすぐにスケジュール確認しましたら、ぜんぜん空いてると(笑)」

    七瀬さん「本当に無理行って来て頂きましてありがとうございます」

    で、そのアジアの海賊のコラボ。

    その前に冬美ちゃんが一人トークのときに、正直総社市というお名前も知らなくて。覚えなきゃというときに「そうじゃ、そうじゃ」で総社市と覚えました。というお話しをされていたので、

    あゆみさん「冬美ちゃんがそうじゃそうじゃ。と言うからこのコールはそうじゃ、そうじゃでやりますかっ!」

    七瀬「やりましょう!」

    ということで、ヨイヤッサーのところが冬美ちゃんリードでそうじゃ!そうじゃ!になりました。

    リハーサルとはまた変わり、ahaha〜のところのコールも派手派手バージョンだし、あゆみ姐さんの歌詞もバッチリだし、間奏の掛け声もキマるしで超絶かっこいいコラボになりました♪

    さっすがのお三人です!
    リハーサルと一番変わったというか、本番用にリハーサルではかっこよくしなかったのかも。。。と思っちゃいました。

    エンディングは全員参加で、曲目忘れましたが、客席含めて歌うパートであゆみさんが間違うと、冬美ちゃんが「シーーーー(笑)」とあゆみさんに笑顔でツッコミ。

    仲睦まじいかっ!(笑)かわいいよぉ♪

    みなさんトップスターさんだけど、冬美ちゃんの大物感はやはり別格で、七瀬さんがそんな想いで呼んでくれたのかと思うと嬉しかったです♪

    長くなったので感想は割愛ですが、「坂本冬美」の名前の大きさも!実際の歌声も、存在感も、トークも。さすがさすがの夜の部でした♪

    #16580 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    昼の部書きすぎて、目と腕が限界なんだけど、イベントの冬美ちゃん以外もすごく盛り上がって楽しかったし、冬美ちゃんの出番のトークももっともっと面白かったし、歌の感想ももっとあるけど、、、書けません(笑)

    もっと思い出せることあったら補足お願いしまっす!

    ドローンでもカメラでも撮影していたけど、テレビ放送はないようです。

    ネットでも地域限定でもこの動画が見られるという情報あったら是非教えてください。

    ぜひこのイベント行けなかった方にも見て欲しい素晴らしさでした。

    チャリティーの有料ダウンロードとか再生とかになるのかなぁ???

    観たいなぁ。。。

    #16581 返信

    まる

    初めまして♪
    みーさんのお誘いで赤米フェスタに行ってきました。
    愛媛からの親子です。
    冬美ファミリーの皆様と初めましてなのに、とても温かく優しい人柄の方たちばかりで感謝です♪
    一緒に楽しませて頂いてありがとうございました♪
    感動の一日でした。
    また、どこからの会場でお逢いできるのを楽しみにしています。

    #16583 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    まるさんこんばんわ。
    2列目で見ていた方かな?

    またよろしくお願いしま~~っす♪

    #16584 返信

    ジョディ

    りんさん、レポありがとうございます。
    待ってました!(笑)

    「赤米フェスタ2018」のトピックでりんさんが書いていた「どんな状況でもザ・坂本冬美だった」という一文を読んで、言葉で上手く表現出来ないですが、うんうんって思いました。ビシッときめてたってことですよね。プロとしての心意気を沸々感じます。汗だくになると分かっていても、夜空にひときわ映える素敵な着物で参上、トークでみんなの心を和ませてぐっと引き寄せ、歌い始めたらこれまたとんでもなく素晴らしい。そしてみなさん気がついたら冬美沼って感じでしょうか(笑)そういう勧誘方法?は冬美さんにしか出来ないと思っています(笑)。

    「大奥」感出ちゃってる写真でみせてる冬美姐さんのあの表情、久しぶり見た気がします。
    あゆみさんの雰囲気はやっぱり野外フェスにぴったりで、元祖ロックの女王って感じですが、冬美さんの一歩引いたこの凛々しい格好良さはまた、あゆみさんと違った雰囲気でほんと素敵です。惚れますねぇやっぱり。

    そして、徹夜・早朝から並んでこのフェスへ行かれたファミリーの方々の、冬美さんへの愛と皆さんの団結力もほんと、すごいなと思っています。

    #16587 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    おうおう!その通りです♪

    あゆみ姐さんは冬美ちゃんに「姐さんて言うけど同じ歳だからやめてよー」って言ってましたが、それでも冬美ちゃんは終始「あゆみ姐さん」と呼び続けてました(笑)

    だって、あゆみさんの姐さん感は凄いんだもの。。。

    グイグイと客席を盛り上げていく強烈なリーダーシップって感じで、今回の客層は老若男女としか言えないような、どちらかと言えば冬美ちゃんコンサートに近かったかも。

    その全員をコールアンドレスポンスに参加させて、手ぬぐいと拳を突き上げさせるんだから、あゆみ姐さん凄いっ!

    一番前だったので、後ろの様子がわからなかったのですが、気になって何度か振り返って見るとみんなやってるんですよ!凄いことだ。。。

    相川七瀬さんもご自分の出番に1曲「踊るポンポコリン」を入れて、「お子さんもそろそろ飽きて来ちゃったかもしれないので、誰でも知ってる歌をやります!」って。

    冬美ちゃんのかっこよさのひとつに、自己顕示欲のなさがあると思っていて、「私、上手いでしょ!」とか「私の声こんなに出るんだから」みたいな押し付けがなく、その余裕があの心に響く歌になっているとも思います。

    ジャンルは違うけど、相川七瀬さんの変わらぬ歌声もどんなに広く遮るものがない会場でもどこまでも届く一直線に伸びる歌声で。
    だけどそれは個性であって、その声を押し付けてこないで、みんなを楽しませることに夢中みたいな。

    あゆみ姐さんは言わずもがな。

    超実力者のお三人が、競い合いのではなく、その才能を使って復興支援や赤米のために幸せを届けにきた。

    そんな温かい雰囲気に包まれていました。

    3人以外にもご出演者はいたんですけどね(笑)

    その中でも冬美ちゃんがお着物で登場して、夜桜のイントロから、ライトアップされてのあのポーズ。。。

    着物や髪型やあのシルエットになるビジュアル。そして一声目のインパクト。
    冬美ちゃんの演歌は歌声だけではなく、総合芸術だなぁ。と思いました。

    リハーサル聴かせてもらっていたので、歌声での素晴らしさはもちろんこれまた絶品なのは毎回驚けるんだけど、更にあのビジュアルがプラスされたり、ライトアップされるとこうなるかっ!ありがたやー。みたいな。

    そうだ、こーゆーときに使うのか。

    「神々しい」

    演歌というか「ザ・坂本冬美」は神々しかったです。

    そりゃ、老若男女を幸せに導いてくれるわけだ。女神だもの♪

    #16595 返信

    桃太郎

    いやー、この「赤米フェスタ2018」は、本当に色んなことがあり、私には忘れられない一夜になりましたが、

    何でも直ぐに忘れてしまう私にとっては、りんさんのレポは超有難いです。

    現場に居たのに気付いてなかった事まで、再認識出来ます。ありがたやー。

    「赤米フェスタ2018」そのものは、1年前から決まっていたと思いますが、

    そこに冬美ちゃんが参加するというのは、6月29日浜松での冬美ちゃんのコンサートで

    姫路のファミリーから教えていただきました。

    そして、7月5日から7日にかけて、西日本を中心に今まで経験したことのない豪雨に見舞われ、

    特に6日の夜は、携帯に緊急避難指示が何度も鳴り、眠れない一夜でした。

    夜が明けてテレビのニュースを見ると「赤米フェスタ」の会場から、車で10分程行った所にある

    倉敷市真備町は、2階まで浸かる大洪水。

    「赤米フェスタ2018」も、実施するかどうか保留となりました。

    そして、そろそろ1か月前になるので、8月17日に総社市役所に電話して尋ねると

    「今日12時に実施することに決定しました。」と思ってもない嬉しい知らせ。

    総社市長さんのご英断に、感謝・感謝です。

    コンサートの当日も、観客席の端っこの方で3時間ずっと立ちどうしで、手ぬぐいを振って

    応援されていました。

    そして、翌17日はチャリティーマラソンも行われ、グランドを走ったご様子。

    総社市の人口は約6万7千人で、岡山市の10分の1もありませんが、トップがやる気があると

    市民は幸せですね。

    8月22日に総社市役所に行き、25本「赤米フェスタ2018」手ぬぐいを求めました。

    行けないけどチャリティーなのでいたただきますと、地震災害間もない北海道や、

    東京、四国のファミリーも。

    ほとんどすべて配布出来、1本だけ新品が残っています。

    会場の備中国分寺は、交通の便が悪く、決められた駐車場は遠く、景観保護もあり

    コンビニも近くになく、ファミリーに来ていただくにしても、どうご案内するか。

    そして、野外ライブは天候に大きく左右され、、いろいろ準備も考えなくては。

    ここでも冬美ちゃんの「晴れ女」の力量が十分発揮されました。

    前日の夕方下見に行った時は、細かな霧雨の降る中、会場の設営がほぼ完了していました。

    すでに大阪のファミリーは、昼から来られていました。明日の打ち合わせをして、

    ふと東の空を見上げると、見事な虹が出ているではありませんか。

    明日は、野外で出来ると確信した瞬間でした。

    当日の朝会場に行くと、もう二人のファミリーが午前2時ごろから来て

    場所取りの椅子を3人で並べていてくれました。頼もしい。感謝・感謝。

    陽の光に照らされて、赤米の稲穂も輝いて見えました。

    そして、「昼の部」から「夜の部」は、りんさんのレポのとおりです。

    冬美ちゃんの出番になり、最初の「夜桜お七」の頃、空を見上げると結構暗い雲が

    頭上を覆っていましたが、ここ一番踏ん張ってくれました。

    雨は、降りませんでした。

    翌日の17日の夕方は時間は短かったですが、結構まとまった雨が降りました。

    昨年は雨で市民会館で実施したこともあり、約1000人の参加だったようですが、

    今回は、野外の会場を埋め尽くす約1500人が集まり、フェイスブックの写真などを見ると

    立見の人も。

    冬美ちゃんのコンサートでは、定番になっております。

    今回は地元ということで、私の妻と娘も参加しましたが、二人とも感動し

    冬美ちゃんの評価も急上昇。

    ありがたやー。まだまだ追っかけ出来そうじゃ!

    まさしく「神々しい」「ザ・坂本冬美」を見せていただきました。

    冬美ちゃん、感謝・感謝 ありがとー。

    そしてファミリーの皆様、不便な所までお出で頂き、感謝・感謝です!

    ファミリーの皆様、ありがとー。

    #16597 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    桃太郎さん、今回は開催決定のお知らせから何回もの下見(笑)当日のアテンドや美味しいマスカットまで(笑)至れり尽くせりでありがとうございました!!

    前日や早朝から雨にもカンカン照りにも虫にも負けず席取りをしてくださったファミリーの皆様も、ありがとうございました!!

    お祭り騒ぎは大好きですが、虫や暑さには弱いので楽をさせてもらっちゃいました。。。

    最近は追っかけファミリーに男性陣が増え、車椅子を持ち上げてくれたり、過酷なお並び隊をしてくれたりで頼もしいです♪

    10年前にアジアの海賊を追いかけていたメンバーと今回のメンバーがずいぶんと入れ替わっていまして、新たに冬美ちゃんの虜になる人の多さを感じました。

    ネット上に当日の写真が色々出回ってますが、最前列のファミリー軍団の青いペンライト、やれて良かったですよね♪

    これからも全国どこでどんなイベントがあろうが、冬美ちゃんの応援にその時いけるファミリーがしっかり参加できるよう、情報共有や協力をしていきたいですね♪

    今後ともよろしくお願いしまーっす!

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
返信先: 赤米フェスタ レポ編
あなたの情報:




スポンサーリンク
Brayden McNabb Jersey