UNDERFUYUMI(坂本冬美さん応援サイト)
↑メニューは画面左上の「三」をクリック

猪俣先生コンサート

ホーム 掲示板 誰でも書ける掲示板 猪俣先生コンサート

このトピックには 11 返信 、 3 ボイス が含まれます。 最終更新 by りん りん 8 月, 2 週 前.

Viewing 12 posts - 1 through 12 (of 12 total)
  • 著者
    投稿
  • #7967 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    ちょっと色々凄すぎたのと、猪俣先生時代をリアルタイムで見ていないので、大御所様たちとの感情が違うと思うので、とりあえず曲目だけ書いておきます。

    あばれ太鼓
    MC
    祝い酒
    男の情話
    能登はいらんかいね

    猪俣先生7回忌のときの阿久悠先生からのお手紙を朗読

    (衣装チェンジ)

    MC

    君こそわが命
    港町ブルース
    千曲川

    MC
    京都から博多まで
    空港
    おんなの海峡

    MC
    大阪ラプソディー

    (衣装チェンジ)

    また君に恋してる

    MC

    片想いでいい

    (衣装チェンジ)

    北の海峡
    女は抱かれて鮎になる

    MC

    男の火祭り
    夜桜お七
    火の国の女

    MC

    風うた
    風に立つ

    #7968 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    私は本格的には復帰後のファンなので猪俣先生と歩まれてきた日々は存じ上げません。

    最初に見た時もすでに蛍の提灯が新曲だったときです。

    今日のコンサートを観て、猪俣先生の指揮で歌われていた頃の冬美ちゃんをリアルタイムで観て来られた大御所様たちが羨ましかったです。

    私にとっては演歌は全て冬美ちゃんきっかけで聴いた音楽でしたし、都はるみさんも、テレサテンさんも森進一さんも五木ひろしさんも、冬美ちゃん経由で知った方々でした。

    なので、カバーといっても今日聴いた楽曲の君こそわが命以外は冬美ちゃんの歌声で聴いたのが私にとっては初めてだった曲目なので、オリジナルのイメージは皆無。

    全てが冬美ちゃんの曲だと思っていた節さえあります。

    とにかく、とにかく楽曲も冬美ちゃんの歌唱も素晴らしく、君こそわが命もステキ。
    港町ブルースは冬美ちゃんにとても似合っていて、千曲川はENKAバージョン。

    京都から博多までは冬美ちゃんバージョンしか知りません。

    空港も冬美ちゃんの歌だと最初は思っていたし、今聞いてもオリジナルに聞こえます。

    おんなの海峡は圧巻で、はるみさんも生で観させていただいていて、舞台端から走る姿も知っていましたが、何故走っているかは、パフォーマンスだと思っていました。

    冬美ちゃんの今日のおんなの海峡もトトトト。トトとトトトト。と走っていましたが、愛する方を追いかけて足がそちらに向かってしまう。という感情こら走ってしまう。という歌とリンクした感情は初めて感じました。

    どの歌も素晴らしく、ギュッと短いフレーズにも感情がこもり、素晴らしい歌ばかりでした(>_<) 大阪ラプソディーのサンバに合わせて独特のステップを踏む姿に究極の可愛らしさを感じ。。。 大御所様たちにとっては当たり前だった風景も私にとってはとても新鮮でした。 空港を聴きながら、観ながら、ああ、女は抱かれて鮎になるの既視感はここからきているんだなあ。とか、冬美ちゃんの独特な歌い方は猪俣メロディーからきていたんだなあ。とか、とにかく感慨深くて感想にはなりません。 また君で登場した衣装が素晴らしく、その衣装で歌う力一杯の片想いでいいの号泣を誘う真っ直ぐさ。。。 最初は、猪俣先生の作品で全編構成されるのかと思っていましたが、後半のドレスのまた君からの怒涛の「今」。 演歌だけでは坂本冬美じゃなくなっている、その今も感じ。。。 猪俣先生の多彩な楽曲と相まって、ひとつの感情では言い表せません( ; ; ) 一階席後方のPA席に貼られた美奈子ちゃんと伊藤さんのお写真。 夜の部では猪俣先生の奥様、娘さんのご来場。 私にはとても計り知れない冬美ちゃんの感情が歌に乗り、渦巻く空気感。 終演後の大御所様たちの感動が同じようには感じられない悔しさ。。。 本当に様々な感情が渦巻きました。 最高のステージでしたが、まだまだ咀嚼しきれずにレポとはなりませんが、皆さん是非ご自分の目で見て、耳で聞いて、それぞれの冬美ちゃん30年を感じてください。 とにかく、猪俣先生の楽曲が冬美ちゃんを作ったんだ。それだけは間違いない。 そして、そこから進化して今があるんだ。 これも揺るぎない。 そんな想いをひしひしと感じるスペシャルなコンサートでした。 こんなにお忙しいなか、あまりにも律儀に、あまりにも真摯に楽曲を表現する冬美ちゃんに、マジ惚れです(T-T) 生きていて、よかった。 そう思わされる最高のコンサートでした!!!

    #7969 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    ちょっと、すでに今日はひどく酔ってしまっているからしつこいですけど、今日のおんなの海峡は圧巻すぎて。。。

    片想いでいいも素晴らしすぎたけど、今日のコンサートではおんなの海峡が凄すぎて。

    これはぜひ生で皆さんにも観て欲しかったなあ。

    舞台から落ちるんじゃないかと本気で心配するほどの迫力。そしてはるみさんへの冬美ちゃん愛。

    ご本人にもこのリスペクトは伝わるんじゃないかなあ。。。

    素晴らしくて、素晴らしくて素晴らしかった(T-T)

    先輩、後輩っていいな。

    夢を叶えてリスペクトする方をこういった方法で伝えられる、歌い継ぐって素晴らしいなあ。

    さすがのさすがに、さすがでした。。。

    冬美ちゃんに出逢わせてくれた運命や宿命にとにかく感謝!!

    マジ感謝!!

    #7972 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    そうだ。今日のCD売り場には6月に発売された猪俣先生のアルバムとともに、私の大好きな「星に祈りを」のアルバムもたくさん置いてあり、嬉しくて2枚買っちゃいました♪

    ぜひぜひ、このアルバムを聴いていない方には聴いてもらいたいです。

    今の楽曲では現せないような、猪俣先生と冬美ちゃんの世界を感じられますし、今の坂本冬美さんの世界も感じられるし、名盤です!!

    今日はしつこいけど、大御所様ファミリーが本当に羨ましかった。。。

    今日のコンサートはそのときから冬美ちゃんを観ているファミリーのものだったとも思うし、普段は衣装やビジュアルをニマニマする私でも、本気の歌に打たれまくったし。。。

    羨ましがらせて悪いけど、リサイタルと並んで見逃せないコンサートでした。

    両方とも映像化して残る今の時代に感謝です。

    BS朝日さんにも大感謝!!

    放送があるという安心感から不思議ともうこれは一日限りで見られないんだ。という気負いもなく、存分に感じさせて頂けました♪

    レポのために記憶しなきゃ。とも思わずに、どっぷり、こってり自分のためだけにあの空気を空間を感じられて、本当に本当に幸せでした。

    贅沢にたっぷりと歌声に酔いしれ、なんて声で歌うんだ。この歌声を見抜いた猪俣先生の偉大さに感謝感謝でした(T-T)

    しつこいよね。

    でもでも、そうなんだもの。

    ああ、ただただ、幸せ。

    ありがとうございました(T-T)

    #7981 返信

    ノブパパ

    おはようございます。
    昨日の冬美さんのコンサートさすがの一言ですね。
    猪俣先生7回忌のときのお手紙をですが、阿久悠先生だったと思います。

    #7987 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    ノブパパさん、ご指摘ありがとうございました!!!

    間違いなく阿久悠先生のものでした・・・大変失礼いたしました。はずかしいよぉ・・・

    こそっと直しておきました(笑)

    #7989 返信

    きみどり

    おひさしぶりに書き込みます💕
    本当に素晴らしい(一言ではいいあらわせませんが)ステージ やっぱり特別なコンサート💟🎶💗でした(^_^)v
    今年1年振り返っても やっぱりやっぱり 全てが素晴らしい💟 カッコいい💗 艶っぽいし💓 お声が素晴らしい 大好きです💘ますます進化し続けてます💕
    通常のコンサートの他に こうやって NHK コンサートがあったり 猪股先生のコンサートがあったり やっぱり 特別💗 30周年ですよ✨
    もう 誰からも愛されてますよ💟🌟🌠🎶 
    本当にしあわせ😌🌸💓な1年(まだ終わってませんが)でした🎵
    たぶんこれが今年最後かもしれないので❗
    ありがとう ふゆみーちゃん🎶

    #7990 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    webニュースで今年を漢字一文字で表すとの質問に「幸」という字を冬美ちゃんが答えたとのこと。

    こんなにうれしいことはないですね♪♪

    私たちこそ「幸せ」いっぱいの1年でした。本当に冬美ちゃん、ありがとう!!!ですね♪

    30日、31日と「女は抱かれて鮎になる」が歌ってもらえたら、ますますハッピーですね♪

    昨日は大興奮の素晴らしいリサイタルに匹敵するコンサートでしたが、通常コンサートも明治座も水前寺清子さんとのスペシャルステージも、新曲発表会も・・・と振り返っても本当に冬美ちゃんがハードに頑張り抜いた1年だったと思います。

    まだまだ徹子の部屋コンサートに収録に人生、歌があるの生放送に貸切コンサートにと年末までビッチリの予定ですが、ひとまず関西方面はこの最高のコンサートで締めくくり、最後には「良いお年を~~~~~~!」と満面の笑顔で幕が降りました。

    あの細い体から、次々と大舞台を成功させるパワーが出るのが不思議でもあり、お酒の量を控えたり、スーパーフードを取りいれたりとプライベートでもしっかりと自制をしながら走っているからだと納得もし・・・

    尊敬と憧れと感謝と・・・もう、ありがとうございます。しかないです(泣)

    そんな大変な一年を「幸」というあたりが、これまた感動です(泣)

    #7994 返信

    ひろっち

    こんばんは!
    書き込みをサボってましたが、久しぶりにレポします。

    いや~、昨日の「愛しの猪俣先生コンサート」
    素晴らしかったです。
    期待度MAXではなかったので、よけいに感動しました!
    なぜ期待感MAXじゃなかったかと言えば、
    リサイタル~明治座とインパクト大のイベントが続いたせいもあり~の、地元開催でまったりして緊張感なく当日を迎えたせいもあり~の、(東京ならせっかくきたんだから一音も聞き逃してたまるか!みたいな変な緊張感あるあるなんですよね!)
    席も最前列でなかったから応援のプレッシャーからやや解放されてたみたいな…

    でもそのリラックス感がかえってよかったのか自然に猪俣メロディーがすっーと耳に入ってきました。

    猪俣先生のカバー曲7曲で一番感動したのは「千曲川」です。サビのとこで冬美ちゃんの高音が伸びてるけと優しい歌い方 絶句です!

    二番目は「君こそわが命 」 オーバー世代には超なつかしい曲ですね。

    ラストの大阪ラブソデイや藤圭子さんも良かったですね!
    オリジナルと比べるのはヤボですのでやめますが、藤圭子さんのドロドロ感ではなくさらっと歌い上げた冬美さん、さすがです!

    都はるみさんの曲は、こん中て唯一知らなかった曲なのであまり印象に残ってません(りんさん、ごめんなさい)
    でも客席に小走りで冬美ちゃんか迫ってきたにはビックリです! マジ、目が合ったような ドキッ

    ほんま、客席に落ちんでよかった 笑

    港町ブルースはあまりにもブルースチックなアレンジが賛否の別れるところでしょうかね?好きな歌なんですけど…

    あっ、猪俣先生で森進一さんなら、子ども心にいまでも忘れられない「女のためいき」が聞きたかったかもです。←また、個人的なこと言ってすいません。

    途中のMCでいろんなエピソードも聞けて、改めて
    冬美ちゃんが猪俣先生に恩義を感じ、リスペクトされてるのがひしひしと伝わりました。

    でもでも、地元関西なのに、なんかよそ行き感ありありだったのは、やっぱり、テレ朝の取材のせい?
    夜の部しか参戦してないのですが、猪俣先生の奥様や娘さんがいらっしゃってたせい?
    意外とファミリー度が低く盛り上がりに欠けたせい?

    一緒に行った相方とも話ししてた事は、いつもより
    年齢層高くねぇ?でした。
    猪俣先生を慕ってらっしゃる世代、大御所様ですよね。だから、静かに、でも心は熱くだと思います。

    人それぞれ、自己表現の仕方、感動の仕方があると思います。

    でも、2人で話したのは、アンダー冬美世代のファンを増やし、育てて行かなければ!でした、

    その意味で、第三部でキリショーの「片想いでいい」を歌ってくれたのは嬉しかったというか、感動で涙しました。
    これってリサイタル時にも言ったかも……

    まさか、この場で聞けるとは…

    いろんな考えが頭をよぎりました。

    猪俣先生のコンサートでなぜ、キリショー?

    紅白に落ちた金爆の弔い合戦?
    リサイタルでの評判がめちゃ良かったから、みんなの要望に応えてくれたから?

    いや、多分、オーバー世代の人たちにも、この曲の良さと新しい自分を見せたかったのと、アンダー世代を意識してたのではないでしょうか?

    私たちの勝手な推測ですいません。

    でも、この曲がまた聞けてテンションMAXでした!

    あの金ラメ?スパンコール? よくわかんないですが、汗 チャイナドレスぼいけどスリットが二本のあのドレス、おぉー!!って感じで最高でしたね!

    あとはコンサートツアーの後半のプログラムで盛り上げてくれました!

    ありがとうございました。

    あっ、唯一、おもろかったのは、例の結婚自虐ネタで
    「内緒やで!テレ朝さん、放送したらあかんよ!」
    みたいなとこかな。

    大阪にしてはファミリーのノリつっこみも少なかったのは、あうんの呼吸というか、猪俣先生に対するリスペクトの念が自然とそうさせたのかもしれません。

    男の火祭りの歌詞をパロって言うのも何ですが、
    「冬美の歴史を親から子へ孫へ~♪」

    つまり、来年は冬美ちゃんの良さを後世に伝えていかねばならないとの思いを強く感じた昨夜のコンサートでした。

    思ってるだけやなく、行動で示せ!ってりんさんに言われそうですね。笑 頑張ります!啓蒙活動   

    PS.
    下手の最前列にいらっしゃった、りんさんをお見かけしたのですが、時すでに遅し!
    開演直前、かつ、通路側に出にくい真ん中の席だったので、御挨拶にも参上できず、誠に申し訳ありませんでした。

    #8001 返信

    fumi
    寄稿者

    冬美ちゃんも初めてという梅田藝術劇場に行ってきました。と言いますか3月の相模大野から行った会場すべてが私は初めてです(笑)

    猪俣先生の曲は20数年前テレビも見ずラジオも聞かずになる前は良く耳にしました。本当に良い曲ばかりです。それをまた冬美ちゃんが歌うとなんと素晴らしいことでしょう。オリジナルもカバーも聞き入ってしまいました。猪俣先生の曲は2000曲とも3000曲とも言われているのですね、初めて知りました。その中からオリジナル以外では「君こそわが命」「港町ブルース」「千曲川」「京都から博多まで」「空港」「おんなの海峡」そして「大阪ラプソディー」と。個人的にはステージ中央の階段で腰掛けて歌われた「千曲川」に一番聞き惚れてしまいました。皆さんそうだと思いますが、私のために歌ってくれていると感じました。賑やかな曲も好きですが、こういうしっとりした曲も大好きです。

    スレは違いますが、紅白で歌いたい曲を表明されましたね。昼の部ではおっしゃりませんでしたが、夜の部の「北の海峡」の次に新曲の「女は抱かれて鮎になる」と紹介され歌い終わったら『この新曲を紅白で歌いた』と。宣言と言うか決意表明と言うか、過去にも一度も紅白でこの曲が歌いたいと言われたことはないと聞いています。今回は並々ならぬ決意を口に出されたと受け取りました。ですから新曲「女は抱かれて鮎になる」を大トリでと応援していきたいと思います。再度NHKにリクエストを出しました。

    夜の部のMCで『これから先も40周年を目指して頑張りたい・・・50周年は無理かな?』に対し、思わず「そんなことはな~い!」と声を掛けたら『他人事(ひとごと)だと思って』と返されてしまいました(笑) 次の言葉は出てきませんでした。あとからテレビの収録を思い出し、テレビに映らないよね(-_-;)。そういえば入り待ちからカメラまわっていた。幕が開いたらすっかりテレビのことは忘れていましたが(笑)
    私の夢の一つに90歳になったらコンサートで手を挙げたいというのがあります。その日が誕生日なら最高と思っていますが、そのためにはあと20数年現役で頑張って頂かないと・・・生涯現役宣言(ようこそ先輩の中で)されていますしね。

    梅田で久しぶりの再会をした方もいます。その中のお一人、私は初めましてと思ったのですが他の方に京都で会っているよと言われ、写真を見直したら会っていました(笑) マイルスさん大変失礼いたしました。6月だったと思いますが「ビートルズ談義」楽しかったです。いつかまたこの話は掲示板以外でしたいなと思っています。

    シンデレラ1号さんと2号さんに案内していただいた「お好み焼き」、美味しかったです。冬美ちゃんのおかげで全国に行くようになり知り合いもどんどん増えて、その土地の美味しいものを案内していただくのも楽しみになっています。あっ、でも冬美ちゃんの応援が第一ですよ。食べるのはついでです(笑)

    他にもお会いできた皆さんありがとうございました。また再会できるのを楽しみにしています。

    #8003 返信

    マイルス

    fumiさん、当日はありがとうございました。そしてご一緒の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。
    そうなんですよねfumiさん、2回目ですが気付かず、失礼しました。
    色々話している内、ほぼ同い年で、洋楽ファンなのに冬美さんに衝撃を受けて、いっぺんに一目惚れして怒涛の如く冬美さんにはまっていったこととか、まるで一緒で、自分のことのようでびっくりしました。
    私が衝撃を受けたのは、あの圧倒的な歌唱力、力強い小節と小鳥のさえずるような美声・・・でしたが、知れば知るほど、おまけ(?)が凄かった・・・のです。
    美貌、スタイルはもちろん、やさしさ、思いやり、人一倍のファン思い、ひたむき、真面目、ひょうきんさ、頭の回転の良さ、あの人柄、・・・数え上げればきりがありません。(この話だけで夜が明けそうです。)
    冬美さんに初めて手紙を差し上げた時、「冬美さんを演歌の世界だけに留めおくのは勿体ない。本当にいい音楽はジャンルを超えて聴く人の胸を打つと思います。ぜひポップス等にもチャレンジして下さい。」という趣旨のことを書きました。だって、ジャズ・ファンの私が冬美さんに心底惚れ込んだんですから。
    それから後、あの「また君に恋してる」の大ヒットからLove Songs シリーズ を次々と発表され、それこそ演歌を聴いたこともない若いファンが激増した時は、自分のことのように本当に嬉しかったです。
    もちろん、私の手紙のせいではありませんが、天が冬美さんに使命を与えられたんだと思います。少しでも多くの人々に音楽の素晴らしさ、歌の力を、生きる力を体感してほしい、その使命を授かった、選ばれし方なんだと思います。
    私の中では冬美さんは観音様です。fumiさんは女神さまと言われましたが思いは一緒ですね。
    冬美さんのコンサートは、本当にいつも新鮮で、新たな発見があります。それだけいつも真剣に改善に取り組んでおられるんでしょうね。コンサートで一番好きな瞬間は、幕引きの直前までひざまずいて小首をかしげて手を振られるお姿です。ぎりぎりまで顔を見せてあげたいというファン思いの気持ちがひしひしと伝わってきます。
    今回の猪俣先生に捧げる歌の中で、私は「おんなの海峡」に胸打たれました。都はるみさんへの尊敬の思いが凝縮されていました。あの走るシーンにはどきっとしましたね。
    そういえば、五木ひろしさんの「人生歌がある」で都はるみさんのトリビュート・コーナーで冬美さんが「おんなの海峡」を歌われた時、感極まって涙ぐんで歌われたあと、都はるみさんと抱き合われました。「ああっ、冬美さんって本当に一途なんだ、心の底から慕っているんだ。」とあらためて思ったものでした。こういう姿がファンにはたまらないんですよね。ねっ、りんさん。
    りんさん、会場ではちらっとお姿を拝見しましたが、声もかけられず失礼しました。
    ごめんなさい。少し酔った勢いで一気に書きあげました。
    fumiさん、りんさん、お読みの皆さん、これに懲りずこれからもよろしくお願いします。

    #10382 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    BSを観終えて、生で観た時は何を感じていたかなあ。。。と遡ってみたら、やはり自分のレポは気が合うというか(笑)

    猪俣先生の女歌3曲の京都から博多まで、空港、おんなの海峡の完璧なる表現が最高でした♪

    片想いでいいのときのクレオパトラドレスはあんなに手の込んだビーズだったんですねぇ。。。

    カメラワークがやかましいのは仕方ないとして、このままCD化して欲しいような細部まで丁寧で心のこもった歌声が素晴らしかったです。

    お着物も全部カッコよかったなあ♪♪

    本当に素晴らしいコンサートだったので、映像化されてよかったー♪

    ニヤ。ニヤ。ニヤニヤニヤ( ̄∇ ̄)

Viewing 12 posts - 1 through 12 (of 12 total)
返信先: 猪俣先生コンサート
あなたの情報:




スポンサーリンク