充実の在宅オタク活動

ホーム 掲示板 誰でも書ける掲示板 充実の在宅オタク活動

このトピックには16件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 週間、 4 日前りん りん さんが最後の更新を行いました。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全17件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #61838 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    冬美ちゃんのテレワーク以降、在宅オタクワークが止まりません。。。

    日曜は30周年近辺のコンサートやリサイタル、スペシャルライブや猪俣先生を歌うとかビルボードとかを総なめ。

    昨夜は愛ちゃんが冬美ちゃんのDVDを観ているというブログの話しから、「いい女になりたいコンサート」「10周年コンサート」を何年かぶりに観て、まだ観たことないアンダーちゃんにかわいいところを切り出しては共有してワーワーキャーキャーと。

    今日は「いま、私は炎です」を探す過程で復帰コンサートの沼津のを発見して今観てます♪

    (青の振袖)
    凛として
    待ったなしだよ人生は
    男の情話
    大志
    MC
    岸壁の母
    (黒の振袖)
    蛍の提灯
    朧月夜に死にましょう
    夜桜お七

    ↑今このあたりです。

    画質が凄く悪くて、キレイなのをお持ちの方はぜひください(おねだり)←ずっと紛失してたくせに(笑)しかも大量のCDラックにCDのフリして紛れ込んでただけ。

    そうこうしてる間にも99年のコンサートから「恋からくり」を送ってくるハードオタがいるし(笑)
    「恋からくり」かわいいなぁ( ̄∇ ̄)

    テレビ画面をスマホで3分ほど撮っては送り合うという怪現象が流行り出してる(笑)

    おお。
    地上の星を赤のドレスで歌ってから早替えで黄色のノースリーブになっていたのか!
    この衣装には賛成しないけど、美ボイスでの「うりずんの頃」
    やっぱドレスはピタピタがいい!!

    冬美ちゃんは今とあまり変わらなくて、今のほうがより美人でスタイルいいけど。

    ギターの鈴木さんとか宝さんとか笠井さんとかがすごく若い!

    そう思うのと。。。あれ?これ何年前だ?16〜7年前かな?

    冬美ちゃんの変わらなさが驚異的。

    歌い方はマイナーチェンジしたりしなかったり。

    今、あばれ太鼓なんですけど、
    「んにゃ」ってゆーそーゆー感じが今より強い気がする。

    これは年代によってというより、その日によってかもしれないですが。。。

    ちなみに10周年リサイタルの火の国の女は「あつかー」がぜんぜん今と違いました。

    何百回も観たDVDだけど久しぶりというかたぶん10年くらい観てなかったと思うので、もしかしたらもっと観てないかも。追っかけするようになる前にものすごく観てたので。

    そうこうしてたら99年コンサートの人から「君こそわが命」と「流れ星」が。

    やっぱドレスですね。

    着物姿のシルエットは10周年くらいからは全く変わらない「ザ・坂本冬美」ですけど、ドレスはあの黒のメーテルに行き着くまでとそれ以前では全然違う!
    あれ以降のドレス姿が革命的ですもの。
    それまでが絶対もったいなかった。
    美しさを隠して過ごしてきたような。

    よくファミリーで言ってましたよね。
    もったいない。もったいない。って。

    普通は年齢とともに太ったりスタイルが崩れるのに、冬美ちゃんだけが年々美しくなるという。。。

    お着物シルエットが変わらないということは実際には中身の方は同じだったはずなのですが。

    やっぱり、私の趣味とか邪な気持ちでは決してなく、ドレスはピタピタで肌はバキっと出したほうがキレイ!!!

    こちらからは「気まぐれ道中」の間奏のかわいい踊りを送りつけてやりました←なんの自慢?(笑)

    ああ。もう最後の風に立つになっちゃった。

    当時は追っかけ始めたばかりで、今ほどコンサート行けなかったから、最後の猪俣先生楽曲あたりから寂しくなっちゃって。
    今、風に立つを聞いたら、そのときの寂しい気持ちがスーっと心に浮かびました。

    ああ、もう終わっちゃう。次にコンサートいつ行かれるだろう。。。そんな気持ちを思い出しました。自然と。不思議ですね。今もラストで聞く歌なのに。
    同じように聴こえても、心はあの頃の感情と紐づいているのかな。

    ああああ、かっこいい!!!

    風に立つは東日本の震災以降で変わったと感じています。

    岸壁の母もだいぶ進化したと思って聴いてきたけど、歌い始めて半年くらいかな?この沼津は?それでも今聴いても素晴らしい歌声だし、なんとも不思議です。

    変わらないとか変わったってことを思う瞬間もあれば、ただただ引き込まれて、いつの年代の冬美ちゃんからも素晴らしい歌声が届けてもらえます。

    あ。悦に浸ってるだけじゃなくてちゃんとセットリスト書いておきますね。

    (青の振袖)
    凛として
    待ったなしだよ人生は
    男の情話
    大志
    MC
    岸壁の母
    (黒の振袖)
    蛍の提灯
    朧月夜に死にましょう
    夜桜お七

    (赤のドレス)
    地上の星
    (黄色のノースリーブに大きな麦わら帽子)
    うりずんの頃

    (白の竹の柄の振袖)
    あばれ太鼓
    気まぐれ道中
    MC
    祝い酒
    能登はいらんかいね
    火の国の女
    MC
    風に立つ

    16曲。
    これノーカットなのかなぁ?
    私のあやしい記憶では、地上の星の後に冬ソナのテーマ曲。
    うりずんの後に涙そうそうを歌ってくれていたと思うんですよねぇ。。。

    今のコンサートと大きく違うのは、衣装チェンジのときの演出。

    今というか、また君以降くらいからかな?
    映像が流れたり、影MCでバンド紹介が入ったり、冬美ちゃんの曲をバンド演奏したりとか。

    今日観たコンサートでは、冬美ちゃんと縁のない曲のみとか、なんというか音はしてるけど休憩時間的な?
    今のほうがかっこいいです。うまく書けないけど(笑)

    ああ、、、、またこんな時間になってしまった。。。

    で、ここからテレワークライブを音声だけにして聴きながら目を閉じるんだぁ♪
    音だけで聴くのもラジオみたいで楽しいですよ!
    映像つきだとビジュアルに目を奪われて聴こえない声や音も耳だけだと聴こえたりしてまた新鮮♪

    おうち時間が増えたことで、在宅オタクワーク絶好調です。

    ♪会えない時間が 愛育てるのさ
    目をつぶれば君がいる〜♪

    郷ひろみさん?なんかこの歌詞が浮かんだ(笑)

    #61843 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    https://ameblo.jp/huyuyasumisakamoto/entry-12591434197.html

    朝から冬美ちゃんの笑顔見られて幸せ♪

    冬休みさんもゴリゴリの冬美ちゃんファミリー(笑)

    #61849 返信

    シバちゃん

    りんさん!セットリストありがとう!(^^)/
    好きな曲ばかりだ~!!
    妄想コンサート開演~~!!(笑)

    #61893 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    https://ameblo.jp/harada-yuri/entry-12592143473.html

    毎晩、在宅オタク活動で幸せになってから寝ますが(幸せ時間長めのため深夜)、やっぱり冬美ちゃんに会いたいですねぇ。。。

    ゆりねぇのブログに冬美ちゃんの話しが。

    二葉先生にピン子さんにゆりねぇに。
    冬美ちゃんの日常ルーチンは大量に変わらず続けられていそうですね。

    今日は「名曲にっぽん」で久々のあやふゆを観ました♪♪

    「くちづけ」

    以前、人生、歌があるのあやちゃんのトリビュートで聴かせて頂きましたが、清く一途な冬美ちゃんのイメージにぴったりで切なくも強い愛が伝わる一曲ですね。

    お気に入りだと2番の歌詞を力説する姿も可愛かったです♪

    あやちゃんの夜桜お七を「うんうん。そうそう」というちょっとお姉さん目線で見守る姿もかわいらしか♪
    最後には「こうだからね。あやちゃん。こうだからね!ちょっと見てよ!こうだからね!!」
    みたいな(笑)

    「もしも明日が」も今のタイミングで聴くと更に優しく聴こえます。

    テレワークライブで観たあの部屋で、これらの歌を練習して本番に臨んだのかぁ。と思うと、、、、その光景も観たい(笑)

    テレワークライブ第2弾はゴールデンウィーク前に配信かなぁ(強い願望による勝手な予想)

    さて、明日はどの冬美ちゃんを観ようかなぁ♪♪

    #62140 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    ヤバイ。
    在宅オタク活動してたら、急に思いついて、送信メール履歴から冬美ちゃんに出した(正しくはファンクラブさんに出した)ファンレターメールを読み返してみたくなりました。

    送った後に読むことはなかったので、いつからメール書いていたかもわかりませんでしたが、2005年の10月からでした。

    そして、ほぼ休憩なしで10時間読み続けてやっと今2009年のアジアの海賊まで来ました。。。

    とんでもない量です。。。。

    びっくり。

    でも面白い!!!

    ここ数年はそんなにファンレターメール頻繁に送ってないと思いますが、当時は月に2〜3通とか書いてたみたいで、コンサート行けば必ずだし、収録や、テレビ観ても、もしくは何もなくで送ってたみたい(笑)

    皆勤賞のように通えるようになったのはいつからなんだろ?
    まだ2009年だからまだまだみたい。

    でも行かれなかったものも、あれとあれは行けません。観たいのに!!とかたくさん書いてる(笑)
    たぶん、5回に1回くらいしか行けてない。もっと少ないかも。
    月に1度か2か月に一度くらいしか行ってないのに、いや、行けてないからこそ書いてるんだな。きっと。

    坂本冬美様。が、冬美さんになり、冬美ちゃん、ときに冬美ちゃーーーん!!て馴れ馴れしくなっていったりとか。。。

    とにかく色んなことを書いては送っていたみたい。すごい熱量で。。。たぶん、今もだけど。。。

    ご本人あてなので、掲示板よりは丁寧な言葉だけど、それでも失礼発言や冬美ちゃんのことぜんぜんわかってないなぁ。。。とこっぱずかしくなる何から目線?みたいなのも多い。。。

    でも面白い(笑)

    ただ、とにかく長いし、多い。。。

    ほんとにまぁ、冬美ちゃんへの片想いのデカさと長さよ。。。

    GWがあと2回くらいないと読み終わらないなぁ。。。。

    オタクにステイホームは相性良すぎて困る(笑)

    社会復帰できるかしら。。。。

    #62148 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    起きて、また読んでる(w

    どうやら、私は復帰後のコンサートを観て感動してファンになり、その後「のりこの冬美ちゃんの部屋」の掲示板でファミリーと出会い、コンサートや収録に行くようになってたと思う。

    復帰コンサートが2003年の確か9月じゃなかったっけ?
    昼の部に連れて行ってもらったら、あまりにもかっこよくて連れてきてくれた人と別れてからもう一度会場に戻って夜の部みたとき(w
    このとき観たコンサートが先日うちで発掘して見直したWOWOWで放送された沼津コンサートの構成の初回ということですな。

    んで、2004年の3月の新橋演舞場まで都内でのコンサートがないと知り、たぶん待ちに待って劇場公演に行ったら、その歌謡ショーが素晴らしくって。観たくて観たくて7回行ったはず。
    誰も知り合いもいないのに。お金ないのに(笑)劇場窓口でカード払いができて(笑)その後リボ払いを知ることになる(ww
    たぶん、朧月夜に死にましょうと乱を歌ってくれていたと思います。プレゼントコーナーもあって、間近でお着物姿の冬美ちゃんに握手してもらって背骨抜かれちゃったんだ。

    で、ファミリーと初めて会ったのはこの新橋演舞場が終わった直後のNHKの公録のとき。
    これは覚えている。
    お着物じゃない冬美ちゃんを出待ちで見たのもこのとき。
    たぶん、新橋演舞場で大ハマりしてネットで掲示板を見つけて書き込んだんでしょうねぇ・・・
    ファンの方と知り合いになりたくて、掲示板上に自分のアドレスを書いてしまって(笑)、「あぶないからアドレス書いちゃダメですよ」というメールを月島のおじさんからもらったのが、たぶんファミリーとの最初のコンタクトだと思います(w

    皆さんと一緒でしょ??(ww

    で、NHKのふれあいホールで公録があるから来る?と誘っていただいて、当選ハガキもいただいたのかもしれませんねぇ。で、会場内に車いすの方がいるから、その人集合と言われて(w 当時の河内のおばちゃんというHNの大御所ファミリーに集合しました。みなさん知ってる方です。

    後からわかることですが、千秋楽から残っていた関西ファミリーとか大御所様がこのときいたんですねぇ。。。後からっていうか、今気づきました(w
    東京のNHKで会ってるから当然全員東京の方だと思ってました。「河内」って地名じゃんね(wバカなので(w
    たぶん、そのころのHNって今思うと地名とか特徴とか表していたのかも。SNSがまだない時代ですからね。

    ファミリー・・・まぁ、このころは「冬美ファミリー」という言葉がなかったので、なんて言ってたろ?冬美ちゃんファンの人とか掲示板の人とかかな?まぁ、ファミリーに知り合いができたらすごく親切で。
    いろんな公録教えてくれて、播磨の渡り鳥の新曲発表会にも大江戸温泉だったんだけど行って。
    大量のファンの人がいることに驚いて(w

    とにかく若いファンが来たってことで、すごく歓迎してもらって。
    ファミリーの皆さんが東京だけじゃなくて、大阪やらどこか遠くからきていることにも気づき始め。。。
    あまりにも会うから全員独身だと思ってたらほとんどが家庭持ちの主婦だったり仕事してることに驚いて(w

    冬美ちゃん便りが始まったのも、この初めて私が出待ちした2004年の3月30日ですねぇ。
    今カンニングしたところ(w

    んで、近場のコンサート行くようになって、2005年6月26日そう、私の誕生日にプレゼントコーナーでハッピーバースデーを歌っていただいて。まあ、お願いしたからなんですけど。その前の年も言ってみたけどスルーされて(wリベンジ的に狙ってたわけですけど(w2年越しに夢がかなってと(w

    で、その年の10月にあるお礼を伝えたくてファンクラブ様にメールを出したのが初ファンレターメールです。

    その返信に、ファンクラブさんから「遠慮なくどんどんメールくださいね。プリントして冬美ちゃんにお届けします」って書いてくれていて。

    真に受けてどんどんメールするようになった次第(ww

    で、ファンクラブさんの会報の写真に、冬美ちゃんが本当にプリントアウトされたファンレターメールを読んでいる写真があって。

    「あ!!本当にプリントされてる!!」って思って喜んだ記憶あり。

    「アンダー冬美」って言いだしたのもたぶんこのころで、最初の掲示板作ったのは2005年じゃないかな?
    作ったってゆーか、岩手のゆう君セナ君ママになった雪花ちゃんと、御前崎のA31くんとあと数名一緒に。
    数名っていうのは、名前出してよかったのか影サポートしてもらったのかを忘れたから(w

    東京も、名古屋も大阪もオフ会があって呼んでもらったりして、すごく楽しくて。
    今も同じなんだけど、追っかけして現場で会うファミリーとネット上で会ってオフ会するファミリーは基本的に別というか・・・
    追っかけの人でネット見ない人も多いし、ネット見てるけど会場は来ない人も多いので。

    たぶん、私は現場にも行ってネットもやるので、きっとそれでレポートとかはじめたのかもしれないですねぇ。まぁ、きっとただ書きたいだけなんでしょうけど。

    メールにはあまりネットのことが書いてないので、掲示板の時系列とは合わせられないんだけど、どのコンサートに行った。どの収録に行かれなかったみたいなことは書いてあるので、ああ、あった!それかっこよかった!!って思ったり、そうそう、それ行きたかった。みんなに自慢されたわ!!って思いだしたりして楽しいのです。

    で、たぶんまだ2009年の1月読んでるんですけど、アジアの海賊がきっかけで、よりハードな追っかけになったっぽい。
    冬美ちゃんに会いたい!観たい!!から「応援したい!」が強くなったみたい。(他人事)

    2008年の早乙女太一くんとジェロさんと3人での国際フォーラムでブルーペンライトを始めたんだけど、そのあたりから様子がおかしい(笑)応援への気合いが今と同じ感じになってる(笑)もちろん、今も様子がおかしい状態ですね(笑)

    それ以前は掛け声とかもできなくて、尻に汗をかくばかり。とか書いてるし(w

    女神とか言ってるのはもう2006年あたりから「私の女神 坂本冬美さんが」とか書いてる(w
    いたかどうかわからないキリストさんやお釈迦様より私の女神の冬美ちゃんは歌も歌ってくれる。とか。(w

    こんなメールをたくさん送ってくるヤツが出て、冬美ちゃん怖かったでしょうねぇ・・・
    若いファンが増えるのはいいけど、こんな様子のおかしなヤツばかりだったら嫌かも。って思われていたかもしれない。
    そして、完全にそっち系の人が増えてしまった(笑)

    うん。やっぱりアジアの海賊のビジュアル解禁で完全に弾けたみたいです。
    そのアジアの海賊が発表になった直後にコンサートが新構成になって、大正ロマンのコーナーで赤のドレスで胸の振り子とかを披露されていて、歌謡浪曲が沓掛時次郎で、たしかにこれは私好みすぎる。

    当時のレポをメールにもつけてるけど、興奮がはんぱない。

    あ。レポートをつけるようになったのもこのころみたいです。
    全部じゃないけど、なんか時々よく書けたと思うものをメールしていたようです。(他人事)

    さてと、今日もメールの続きを読もうっと♪

    まさか、カップリングの「また君に恋してる」が大ブレークするとも知らずに、アジアの海賊を紅白で歌うと信じているときのレポートだし。結果がわかってから読むと、メールもレポートもまた面白い。
    でも、2009年がターニングポイントだったのは当たってるもんね(w
    そして、ビジュアル解禁が新たなファンを大量発生させることになることも・・・

    それで言うと、今のyoutubeでの「かわいい」の大解禁はやっぱり次の大ブレークのターニングポイントに違いない。

    まったく成長しない思考回路でメール書いちゃおうっと(笑)

    >>以下、レポート<<
    <コンサートレポート〜UNDER−FUYUMIより>

    1月30日よこすか芸術会館コンサート
    2 月.01, 2009 in 公演レポート

    行って着ました!今年初めてのコンサート、そして久しぶりに2時間冬美ちゃんを堪能できる
    幸せを噛み締めてきました。

    今回からの新構成、ステージや衣装も新しくなるとのことでとても楽しみで、この新鮮なワク
    ワク感を大切にしたいので、昼の部を見たファミリーにも前情報は聞かないで、まっさらな気
    持ちでステージを待ちました。

    私の席は前から2列目の真ん中。ステージは客席から近く、かなり見上げる角度なので真正面
    を見ると冬美ちゃんの足元になるので、草履の柄までよく見えました。

    オープニングのSEも斬新で、ボレロ??かな??和でも洋でもなく意味は違うかもしれません
    が、印象としては「オリエンタル」って感じ。
    一曲目のイントロが始まると「風に立つ」でした。

    セットも壮大で、もっと後ろの席からでないと全体の雰囲気が掴めないスケール。贅沢ですが
    、後ろから見たいなぁ。と思う大きさでした。

    向かって左手から斜めに配置された階段状の花道?を、ゆっくり歩きながら冬美ちゃんが登場
    しました。やさしい表情で少しまぶしそうな笑顔です。
    「かわいい・・・」最初のため息・・・。

    正面を向くと、着物は薄いブルーに左袖に大きな虹。裾には波。言われるまで気付きませんで
    したが、紅白で着ていた衣装だそうです。
    紅白だって生観戦、しかも一列目だったのに記憶にないのは、かなり緊張した観戦だったから
    でしょう(笑)

    テレビで見るより淡い、とてもキレイな色で、スケールの大きな冬美ちゃんに、とてもよく似
    合っています。

    風に立つは、前々回のコンサートでラストに歌っていたときのような力強い歌い方ではなく、
    やさしく語りかけるような歌い方。いきなり気合い満々だったら驚くよね。とでも言いたげな
    歌い方です。
    気持ちよく伸びる歌声に、「いい声だなぁ。やっぱ冬美ちゃんは上手いなぁ・・・」って。

    ラストで歌っていたときは、♪やるっきゃな〜い〜さ〜♪で冬美ちゃんが拳を上げるときに一
    緒に拳を上げて見ていましたが、一曲目だし気後れしちゃってただただぼうっと見ちゃいまし
    た(笑)

    歌い終えるとご挨拶。
    そこで紅白の衣装であることを冬美ちゃんが教えてくれました。久々のコンサートのせいか、
    今年はあばれますよ!という冬美ちゃんに共感したためか、客席からリサイタルなみの「冬美
    ちゃん!」「ふゆ〜〜みちゃん!」の声がたっくさんかかりました。いいねぇ。いいねぇ。

    続いて曲目紹介。初めてだと、これが楽しみのひとつです。前置き?で曲目を当てるのもマニ
    アックな楽しみ♪
    「デビュー2年目の・・・」と始まれば、「祝い酒」!!とか、「デビュー15周年記念曲・
    ・・」と言えば「やったぁ!凛としてだ!!」みたいに。「そして三曲目は・・・冬美のソー
    ラン節・・・」。
    「わ〜〜〜い♪残れないかと思った。ソーラン節残留!やったぁ!!」

    と、冬美ちゃんと勝手に心で会話しつつ「初めて」の楽しさを堪能します。

    久しぶりに生で聴く「凛として」。かっこいいなぁ。堂々とした歌詞を真正面から歌う冬美ち
    ゃんを見ると、この歌は冬美ちゃんしか歌えない冬美ちゃんのための歌だなぁ。と当たり前の
    ことにまた感動します。

    「そうさ、人生やるっきゃないさ」「私も生きたい 凛として」
    人生の応援歌から抜粋した言葉が、冬美ちゃん自身や冬美ちゃんが伝えたいことを表し、私た
    ちの信条にもなっている。
    時の流れにいつでも冬美ちゃんがいてくれる。
    コンサートはそんなことを再確認させてくれます。

    得意な笑顔で「冬美のソーラン節」を歌う冬美ちゃんに「どっこいしょ!どっこいしょ!」と
    声をかけてみますが、自分の声が小さい・・・いかん。こんなじゃアジアの海賊でヨイヤサ!
    の掛け声がかけれんない。頑張らねば。とちょっと緊張してきました。
    きっとこれからもこの構成のコンサートを何回も見せてもらうことになるから、冬美のソーラ
    ン節では自分の発声練習をしよう。そんなことを考えました。

    さぁ。薄い幕(新品)が降りて、沓掛時次郎です。

    大阪新歌舞伎座で見たときのあの衝撃・・・
    かっこいい時さんにまた会える幸せ。でも、随分と期間が開いたから、冬美ちゃんは練習しな
    おすようになっちゃったんじゃないかな?そんな余計な心配までしながら待ちます。

    薄い幕が降りたまま、スポットライトが舞台真ん中を照らすと、「凛」とした佇まいの冬美ち
    ゃんがキリリとした表情で輝いています。

    「あぁ、大丈夫だ。今日の冬美ちゃんも私が心配するまでもなく準備バッチリで気合い充分に
    時さんに会わせてくれる」

    立ち姿だけでそこまで伝わってきました。

    マイクを持つ右手はマイクをしっかり握り締め、空いた左手はグーにしっかりと握られ、一歩
    一歩踏みしめながら時さんが近づいてきます。

    大阪以来、あまりCDの沓掛時次郎を聴かないようにして、少しでも「最初の衝撃」をまた味
    わおうと準備していた私(笑)

    見事にやられました・・・

    かっこいい。し、お絹さんは今日も切ない。何かが変わったようにも思うけど、記憶の中だけ
    の大阪での体感なので何が変わったのかはわかりません。
    コンサートでも見たいけど、CDでも聴きたい。DVDならなお良し。そう思います。
    贅沢な話しだけど、一回では全部消化しきれない魅力なんです。
    衝撃が強すぎて、「どこが」とか「何が」という分析までできない・・・
    きっと「圧倒される」ってゆーのはこーゆー状態のことなんでしょう。

    バンド紹介の明るい冬美ちゃんの声を聴きながらも、まだ時さんのかっこよさを反芻し、「や
    っぱり私はあの男らしい冬美ちゃんに魅かれているんだなぁ。かっこよかったなぁ。いい男だ
    なぁ・・・」とすっかり舞い上がっていました。

    ところが!!
    バンドさんの中から、クラリネット、ウッドベース、ギター、ヴァイオリンの4人がステージ
    上に椅子を並べて演奏が始まり、冬美ちゃんのナレーションがあって冬美ちゃんが登場すると
    ・・・

    ギャー!!ギャー!!!
    マジ、溶けるぅ〜〜〜〜〜!!!

    そうです。現れた冬美ちゃんは時さんとは打って変ってワインレッドのドレス姿。
    帽子をかぶり、ドレスはマリーアントワネットのような、お尻がポッコリしてるなんて言うん
    でしょうねぇ。貴族風です。
    サウンドオブミュージックの先生の最初に登場するようなイメージ・・・メリーポピンズみた
    いでもあり、ベル薔薇のパーティに参加する人のようでもあり・・・日本人は似合わないと思
    っていたあのドレスです。決して演歌の人が着物じゃなくてドレスで歌うときに着ているよう
    なドレスではなく、上手く説明できませんが、リボンの騎士のような赤いパンツスーツで登場
    してきたときの「ギャーーーー!かわいい!!」に似たインパクトです。

    もう、ウエストの細さったら・・・顔の小ささったら・・・似合う!!最高!!

    ちょっと落ち着いてからよく観察したら、袖の部分はちょっと開いていて完全な「洋」でもな
    く、やっぱりオリエンタルってゆっか、洋物をそのままじゃなく冬美ちゃんに似合うようにカ
    スタマイズされてる感があって、衣装を作ったデザイナーの方はきっと冬美ちゃんをよく知っ
    てる方なのでは?そして天才でしょ。と思いました。

    絶対にあの姿の写真が欲しい。うん。絶対に欲しいし、みんなに見てもらいたいです。「この
    冬美ちゃんもどうよ!!いいでしょ!!そーでしょ〜〜〜。」って、溶けるなぁ・・・100
    %ニヤニヤしてたと思いますよ。私は。

    肝心の歌ですが、その前にナレーションの声も良かったなぁ。
    やさしくて、聞き取りやすくて、色っぽい声だけどいやらしくなく、独特の話し方なんですが
    上手いですよねぇ。これも好きです。

    曲目はA31さんのメモのカンニングですが、宵町草、胸の振り子、テネシーワルツ、星の流
    れにの4曲。

    これこれ!!これよ〜〜〜!って思う良さ。

    冬美ちゃんの声に合った歌を探してくるのか、冬美ちゃんが歌うとこうもよくなっちゃうのか
    、名曲は年をとらないというか・・・

    歌手としての冬美ちゃんの実力を余すところなくお伝えします。と言われているような、誰が
    聴いたって「うまいなぁ・・・冬美ちゃんは歌が上手いなぁ・・・」って感じると思います。

    頑張ってます!という感じでもなく、とても自然に歌っているのに、歌声はとびきり上手い。
    聴き慣れない歌を聴いたときに感じるあの感覚。天性の声と歌唱力が嫌味じゃなくとても自然
    にすぅ〜〜っと入ってきて、この歌は冬美ちゃんに歌われるのを待っていただろうなぁ。歌手
    ってすごいなぁ・・・と尊敬せずにはいられません。

    これも、ぜひぜひCDにしてもらいたい!!感覚としては「また君に恋してる」を聴いたとき
    のような「う〜〜〜ん♪いいわ〜〜♪」に似ています。
    最後に歌った「星の流れに」は、演歌風アレンジなのかな?八代亜紀さんが歌いそうな。そん
    なイメージでした。

    ここで冗さん登場。

    コッテリと冬美ちゃんにやられっぱなしで、やっと一息つけました。

    さぁ、その間に太鼓が運ばれ・・・、あ、次はアジアの海賊だなぁ。と思うとまたまた気を抜
    けない!
    セットのバックもものすごく派手に変わって、客席もざわついています。

    申し訳ないけど、アジアの海賊は、ヨイヤサ!をしなくちゃ!!って緊張で、あまり記憶にあ
    りません。とにかく早くて楽しむ余裕もなくビューっと一瞬のうちに終わってしまったような
    ・・・あーすればよかった、こーしとけばよかった。なんて思いもありますが、そんなことも
    言ってられないようなスピード感。記憶に残っているのは、足が細いなぁ。爪がキラキラして
    るなぁ。気合い入ってるなぁ。って断片的でつながりません・・・衝撃度の強い歌ですねぇ。
    完全に押されちゃった。

    秀秀さん、宝さんとのトークがありちょっと落ち着いてからあばれ太鼓。
    大正解だと思います。アンコなしなのは「ふゆ〜みちゃん!」をやりたい人にとっては寂しい
    かもしれませんが、その分「ヨイヤサ!」をマスターしてそこに全力投球してもらえれば・・
    ・なんて思いました。

    私としては、アジアの海賊の衣装が冬美ちゃん至上最高だ!と思っていたのに、その前にワイ
    ンレッドのドレスで度肝を抜かれていたので、その上アジアの海賊の衣装を見せられ、さらに
    夜桜お七で登場してきた冬美ちゃんが、これまた新しい雰囲気の薄紫の着物姿で・・・それが
    また髪型もステキで、いいんですよ。ほんと、これまた・・・

    かなり頭が混乱して、もう無理だって、こんなに魅力を次々と全開にされたら・・・って仰け
    反るような満腹感。
    歌ももちろんですが、新構成のコンサートはビジュアルでも完全にのされます。あと、照明や
    セットも派手なので、2階席や後方の席でも今まで以上に臨場感があると思います。今年の気
    合い、ハンパないです。

    で、やっと落ち着いてプレゼントコーナー。大スター冬美ちゃんにちょこっと近づける唯一の
    チャンス。私は「赤のドレスがステキでした」と言いました。冬美ちゃんが何と言ってくれた
    かは覚えていません。ハイ、舞い上がってしまって・・・いつものことです。

    冗さんのサプライズで、冬美ちゃんに「その二葉先生がいらっしゃっています!どうぞ!」と
    舞台袖に向かって言うと、冬美ちゃんが「え〜〜〜!そんな〜〜〜!」と大慌て・・・・
    冗さんから「うそですよぉ。」と種明かしされると、
    「あ〜〜〜、ビックリしたぁ。お昼の部は先生が来て下さって、本番前まで沓掛時次郎のお稽
    古をして頂いてまして。終わってからありがとうございました。ってお見送りまでしたのに、
    いらっしゃっているって言うんですもん。本当にビックリしました。」って。
    冗さんは「あんまり最初から真剣にステージを務めているから、ちょっと気を緩めてあげよう
    と思って。」と言われていましたが、冗さんの気持ちもわかるほど、冬美ちゃんは気合いが入
    っていました。

    次の駒子ちゃんを歌いながら、ちょっとさっきの動揺があるかな?なんて感じました。
    そして「能登はいらんかいね」
    この歌はとても不思議で、どんなことがあったときでも後半に「能登はいらんかいね」を聴く
    と落ち着くんです。きっと冬美ちゃんがそうなんだと思っています。
    あばれ太鼓はデビュー曲なので原点ですが、その後にいっぱいいろんなことがあって、今でも
    新しいことがいっぱい起きる冬美ちゃんだけど、「能登はいらんかいね」になると、いつもの
    冬美ちゃんに戻るような。そんな故郷みたいな落ち着きが、この歌を歌う冬美ちゃんからは感
    じられます。

    続く「紀ノ川」。心地良い歌声と確かなメッセージが伝わってきます。派手さはないですが、
    しっかりと歌からメッセージが伝わってくるのは、いつでも心を込めて丁寧に一曲一曲を大切
    に歌ってくれる冬美ちゃんだからなのでしょう。

    最後を締めるのは「火の国の女」
    赤いライトが冬美ちゃんに当たると、薄紫の衣装も真っ赤に見えます。強いライトの中で目を
    閉じる冬美ちゃんの色っぽいこと。これまたたまりません。力いっぱい気合いが入るほどに色
    っぽい。熱唱が似合うこの歌も大好きです。かっこいい。
    最後はエンディングにつながるため、「あちか〜〜〜!」で止めるバージョン。
    私は、火の国の女の最後のポーズが大好きなので、あれを見れないのはちょっと残念です。

    真っ赤なライトの中でフリーズした冬美ちゃんが動き出すと、ライトが明るくなり、冬美ちゃ
    んもさっきの火の国の女の表情から、やさしい表情へと早変わり。

    大満足で大満腹のステージのフィナーレです。

    新構成のコンサートに行く前は、今年はコンサートが少ないしあんまり見られないかもなぁ。
    なんて思っていたのですが、あまりの完成度の高さと盛りだくさんな内容に、んなこと言って
    らんない!超無理してでも最大限コンサートに行くぞ!!絶対何回でも見たい!これを見逃し
    たら大損だ!!と、すっかり追っ掛けモードになっていました(笑)

    冬美ちゃんもリサイタル級の脱力感。と冬美ちゃん便りに書いていますが、とっても贅沢に冬
    美ちゃんの魅力が2時間にギューギューに詰まった、素晴らしいコンサートでした。無理して
    でも見に行くことを強くオススメします!!

    今回のコンサート、絶対にDVDにして欲しいです。テレビ放映でも良いですが、色んな意味
    で冬美ちゃんの「今」が全部切り取って残せるのは、このコンサートしかないんじゃないか。
    と、絶対に絶対にそうだと思います。

    2009年は冬美ちゃんにとっても、私たちファンにとっても大きな年になるんだなぁ。
    そんな感覚を掴んだコンサートでした。

    #62170 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    本当に一日中、ずっとパソコンで読んでるんだけど、やっと2012年2月・・・・

    すごいな。冬美ちゃんの毎年の毎月の毎日の活動量って・・・

    2009年がポイントだと思ったら、その翌年もまた君ブームで超多忙。2011年は劇場公演2回にさらに25周年。東日本大震災や、和歌山の水害などもあって、心も忙しい年でしたねぇ・・・。

    ファンレターメールなのに、途中途中に大作のレポとか添付しちゃったりしているから、もう文章量がはんぱない・・・

    でも、自分で書いているだけに気が合うというか(w そうそうそうそう!!!みたいに自分で自分に共感しながら読んじゃうので面白くてしょうがない。

    今読んでももっともな願望もあれば、なにいってんだ???っていう要望もあったりして・・・・
    2009年以降にドリームズカムトゥルー状態が続いたようです。

    選曲もビジュアルも活動もすべて喜びに満ち満ちたメールが送られています(w

    最近って、冬美ちゃんといえば「かわいい」ですが、ご本人宛の2012年ころまでのメールには「かわいい」ってことはそんなに頻繁に出てこないですねぇ・・・
    年上の方にかわいいって失礼か・・・
    あ。もう手遅れか。さんざん今言ってるもんね。

    セナ様のお芝居のときとか、あやふゆ公演に対しては「かわいい冬美ちゃんを見せてくださってありがとうございます!」って書いてるから、いまほど頻繁にかわいいお姿は出してくれていなかったのかもしれませんねぇ・・・

    これでやっと半分くらいかな??

    本当に幸せな人生だなぁ。私の人生は・・・
    こんなに頻繁に大好きな人に「大好きです!」って言って、「幸せです!」って言いながら人生歩める人、そういないと思うんですけど(ww

    いつだったか「大好きです!」って冬美ちゃんに言って「知ってる」って言われたことがありますが、確かにこれだけ言ってればさすがに気づいてくれました???っていうくらい言ってますね(w

    全部読み終えたら冬美ちゃんにファンレターメール書きたいと思っているのに、ぜんっぜん読み終わる気配なし・・・まぁ、それも嬉しいことです。

    さぁ、もう目が霞むなんてもんじゃないくらい見えないから寝ようかな。
    なんて楽しいGWなんだろう。
    結局、博多座にいっていても、こうして行かれなくなってしまっていても、想うのは冬美ちゃんのことばかりで、私を幸せにしてくれているのは冬美ちゃんなことに、なんら変わりはないんだなぁ。と。

    きっと、博多座行ってても、この時間はお絹さんについてを、歌謡ショーの歌声やきっと素敵だったはずのドレスの話をずっと書いていただろうなぁ・・・

    #62198 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    今日、やっと全部読み終わりまして。
    たぶん180通くらいありました・・・

    1年10通とすればそんなに頻繁じゃないかもしれませんが(いや、それ頻繁だろ)30周年近辺からは年1~2回くらいしかメールしていなかったので(直接お手紙で渡したのはあります)やっぱ前半戦の量がすごく多かったです。

    たくさんのファンからメールやお手紙が送られてくるから読むのも大変だろうなぁ。とも思いましたが、やっぱり長年ファンでいて良かったことのひとつには、こうしてメールやお手紙をするとご本人に読んでいただけるという嬉しさ、ありがたさがありますねぇ・・・

    コンサートや、今回だったらYoutubeですけど、素晴らしい!と思ったら「素晴らしかったです!」と伝えることができるのは、本当に嬉しいことですねぇ♪

    好きでも好きと言わなければ伝わらない。といつも私は思っていますから、「知ってる」と言われても伝え続けますよA!!(なんの宣言???)

    きっと大スター様だって、嬉しかったとか素敵だったとか伝えなかったらわからないはず。

    ということで、まだまだステイホームが続きますので、みなさまもこんなときこそいつも冬美ちゃんの歌を聴かせてもらって元気が出ているとか、こんなときに励ましてもらったとか、この歌のこの部分が大好きなんだとか、あのときの この歌が最高だったとか、普段は伝えられていなかったこともご本にに伝わるようにメールしてみてはどうでしょうか。

    好きの気持ち、感謝の気持ちが伝えられて、私、とってもハッピーに満たされました♪(いつもだろ・・・)

    さて、充実のGW終わっちゃったから、、、ちょっと働いてまた土日に「ステイホーム with 冬美ちゃん」やろうっと♪

    #62216 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    30周年近辺からのファンレターメールがなかったので、やっぱり気になって会社のPCの冬美ちゃんフォルダを見たら、お手紙が大量に保存されていました♪(え。全部会社で書いてたの?w)

    だって。家のパソコン封印してたから・・・在宅オタク活動はもっぱらスマホに移行したので・・・

    手紙も長くて大量だから読んではいませんが、2か月に1回ペースぐらいで書いていた・・・

    よかった。。。。(記憶はどこにいったんだ・・・)

    高尾とか、蝶子とか、歌右衛門とか梅ちゃんとか、あんなに騒いでたのにメールしなかったっけかなぁ???なんて不思議に思っていましたが、お手紙にして渡していたようです。(って、他人事のような記憶力)

    新曲やアルバムの感想もちゃんと送ってた。(もはや記憶喪失の域)

    よく、コンサートとかイベントとかのレポを読んでくれる方々に、すごい記憶力だね。と褒めていただきますが、こうして過去の記憶はパソコンに保存して、常に頭は空っぽにしているからよく入るんでしょうねぇ。

    学生時代を一夜漬けの勉強で済ませていたために培われた能力ではないかと思います。

    テスト終わったら空っぽ♪♪

    こんなに長い間、生冬美ちゃんのステージを観なかったら、いつもに増して頭は空っぽ。心も空っぽになっていることでしょう(だから他人事・・・)

    次回のステージ観たときの感動が、今から楽しみで仕方がないですねぇ♪♪♪

    ああ、早くコンサートが再開できる世の中になりますように・・・星に祈りを捧げましょう・・・女神の歌声とともに・・・(聴いてるだけでは??)

    冬美ちゃんが冬美ちゃん便りで自分ツッコミの( ) を多用するので、うらやましくて私も多用してみますが、ああいう風にかわいくはならないものですねぇ・・・(当たり前やろ笑)

    え?しつこいですよね。言いたいだけでした・・・

    #62253 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    再び過去モノの旅へ。。。

    こうなってくると、マイブームだから共感とか難しいから独りオタク活動。。。

    34年間に渡りずっとコンサートやテレビで活躍し続けて、素晴らしい楽曲を発売し続けてくださってるって本当に素晴らしいことですよね。。。

    CD音源もだいぶ前にiPod時代に充実の音源の同期に失敗して消失し、、、その後はダウンロードし直したりしたけど、ぜんぜん10年くらい聴けてないアルバムもたくさん!

    聴き直すにもCDはあるのに再生するものがない。。。

    ということで、テレワーク用に持ち帰ってきたノートPC経由でCDを取り込み直す作業に入る予定。。。

    めんどくさ!!!!!

    アップルミュージックは勝手に曲目を英語表記にしてきたりとか、ベスト盤からシングル抜いてきたりとか、恐ろしいことするから、新規でmp3を冬美ちゃん専用で作ろうかと。。。

    ということで、昨夜はmp3を購入するところまでで力尽きて(笑)

    CDとかのコレクションをまとめてマイMP3に入れるのはこの方法しかないのかな????

    地道すぎるし超めんどくさいぞ。。。

    おぼろげな記憶ではある年代から、自分が買ったCDなのに自分のPCにも取り込めないようなコピーガードがかかったような気がする。。。。。。

    めんどくさいの苦手なので音源が整う前に10枚組のベストダウンロードしたところで今回の自粛終わりそう(笑)

    34年間はとてもとても長いです。。。。。

    当たり前のことを、ものすごーーーく感じてる今日この頃。

    来年の35周年に向けて、長い長い冬美ちゃんの歴史や作品を遡り、反芻し、尊敬し、感謝し、そして、ニタニタしよっと♪

    #62281 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    今日もステイホームオタク活動♪

    過去モノを観ながら現在のHDDに移行している間、テレビが使えなくなるので、ラブソングスを聴きながら、久しぶりに「坂本冬美、語る」を読み出してしまった。。。

    まだ、前書き部分だけどw

    ラブソングスシリーズ聴いてから読む「坂本冬美、語る」は最高だし、逆に聴いてなかったら絶対に聴きたくなるはず。

    もし、「坂本冬美、語る」という本を読んでいない方がいたら、絶対に面白いから読んでくださいませ。

    あれ?どうやって購入するのか忘れた。
    amazonにないねぇ。。。

    とりあえず、「坂本冬美、語る」の続編のKindle版だけあったのでリンクしときます。

    坂本冬美 – アルバム “ENKA Ⅲ~偲歌~” インタビュー Interview File Cast https://www.amazon.co.jp/dp/B07P1XLNKN/ref=cm_sw_r_cp_api_i_ISaUEbRGEBRC4

    「坂本冬美、語る」は先日のテレワーク第二弾でしたっけ?マッサージくれていた棚橋さんという方が冬美ちゃんにインタビューして、そっくりそのまま書き起こしてくれるという素晴らしい本なのです。

    YouTubeでおわかりのように、「坂本冬美」さんは、何も足さない、何も引かないの素材状態が最も魅力的でございますから、どんなに素晴らしい編集をしてくれても、何十回分あるテレビでのインタビューよりも、そのままを書き起こしてくれたインタビュー本が最高なんでございます。

    そして、編集(カット)されないので、喋りすぎてしまった話しもそのまま掲載。。。

    冬美ちゃんファンの聖書です。

    発売当初は追っかけに持っていっては、何度も読みましたが、何年か経っているのできっとまた新鮮に読めることでしょう♪

    とにかく分厚いので、読み始めたら大変!!

    ということで、ステイホーム期間にはちょうど良いです。

    #62282 返信
    りん
    りん
    キーマスター
    #62307 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    冬美ちゃん便り。。。癒されるぅぅぅ♪♪

    芽ブログも楽しいし、見せられない姿を報告しちゃうのもかわいい(笑)

    チームチャイナの愛も真正面から受けてくれるのもなんだか嬉しいし、お友達からも先輩からもファミリーからも食材や苗とか送られてくるのも、お人柄だなぁ♪と思ってなんだか嬉しい♪

    会えなくて寂しいなぁ。。。とも思うけど、冬美ちゃん便りを頻繁に更新してくれるし、たっくさんの歌や映像や更にYouTubeまでやってくださるので、心の距離感の近いこと♪♪

    遠くて近い。近くて遠い冬美ちゃん♪

    コンサートがなくても、収録に行かれなくても、それは変わらないなぁ。。。と思う毎日ですなぁ。。。

    新歌舞伎座の千秋楽から3ヵ月経ったのかぁ。。。

    どんな対策をすればコンサートやコンサートのように生の歌が聴けるようになるのか。。。

    お客様の安全を第一に考える冬美ちゃんが、どうやったら安心して歌える場に立てるのだろうか。。。

    まだまだ東京は自粛中ですが、自粛に入ることより安全に日常に戻すことの難しさよ。。。

    一度怖いと思ってしまったこの感覚は消えるのだろうか。。。

    そんなことを時々真剣に考えながらも、コンサートが再開されたとき用に、ファミリー仲間が手作りしてくれたパンダのマスクを準備してたりする(笑)

    そーゆーところ、能天気(笑)

    マスクだから掛け声は禁止かなぁ。
    なるべく鼻からしか息しないようにして、静かにおとなしく座るし、フェイスカバーも必要ならするし、客席の間引き抽選とかして外れても文句言わないし、緞帳開いたらビニールで区切られてても驚かないからコンサートして欲しいなぁ♪

    県を超えられないなら、東京開催まで待つし(号泣)

    ああ、東京モノが交通機関で追っかけて行くことが禁止になるのかも(号泣)

    趣味:追っかけ、特技:追っかけ

    なのに。。。

    そうなったら、チケット持ってて行けない人(私)のために、必殺、鈴木さん撮影のコンサート配信して欲しい!!

    そしたらきっと冬美ちゃんが
    「今日はお二階、三階、そして鈴木さんカメラの向こうまで届くように、精一杯歌わせて頂きます!」
    と言って、本当に歌声を届けてくれるだろうなぁ。。。

    ふゆーーーみちゃん!!!!

    ということで、「坂本冬美、語る」の続き読もうっと♪♪

    #62401 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    充実の在宅オタクの日々♪

    昨夜は、冬美ちゃん専属画伯の1年間振り返りにつられて冬美ちゃん大好きテンションが爆上がり!

    緊急オンラインオフ会招集(笑)

    画伯と途中参加のまりるちゃんと5時間(笑)

    テーマは尽きずに永遠と語り合う夕べでした(笑)

    ・冬美ちゃんはどうして神様だと断定できるか

    ・そもそも神の定義って平和を祈り、民を幸せに導く存在。ならば間違いなく冬美ちゃんは神様だ。

    ・神様は自分が神だと気づかず過ごしたはず。今の冬美ちゃんが女神なことを気付かないのも無理はない。

    ・神様の行いを書き記した書物が聖書なら、私のレポや画伯の絵は聖書に違いない。棚橋さんのキャストも聖書だね。

    ・冬美ちゃんは果たしてご自分のかわいさをどこまで認識しているだろう。

    ・冬美ちゃんのイメージする「坂本冬美」像ってどのような存在だろう。

    ・コンサート再開時に掛け声できない場合の応援方法に関して。

    「掛け声の代わりにボディアクション」
    「冬美ちゃん!の代わりに指サイン。2と3を交互に出す。大変なのでパーにして2+3でどうか。それは5なので、五木さんの5になっちゃうから却下(笑)」
    「キレイ!とか、顔小さい!とか、ボードで出すでしょ」
    「邪魔でしょ」
    「冬美ちゃん!と、ありがとう!を両面にしたウチワはマスト。」
    「だから邪魔だよね?」
    「口が開かないようにねるねるシールを口に貼っていく!」
    「ねるねるシールの横から漏れるから、シールは3枚貼る」
    「その上にマスク!!」
    「それ、冬美ちゃんやってるやつ(笑)」
    「じゃ、その状態で唸るしかないね」
    「客席怖すぎるだろ」
    「握手は無理だね」
    「一番前のお客様との握手なら、冬美ちゃんマネージャーにしてたように、お客様にファブリーズ直接吹きかけるパターンあるね」
    「いや、手袋たくさん重ねてくるパターンあるよ」
    「握手直後に自分に直ファブリーズ!」
    「もはや菌が気になりすぎるから会場やめよう!」
    「青空コンサートでどうよ」
    「バーチャルコンサートどうよ」
    「VRゴーグルどうよ。いろんな角度からコンサート観られる♪斜め後ろとか。笠井さんsアイ。的な」
    「オンラインコンサートどうよ」
    「あれ?もはやそれYouTubeじゃない?」
    「双方向のオンラインコンサートなら、やっぱりリアクション考えよう。指で2と3で、、、それ、さっきのやつ、、、」

    ・最近観た過去モノの当時の思い出についてもろもろ。湯沢での駒子全国大会での企画枠の爆笑に関して。。。
    あのとき、ファンとは、応援とは捨て身の笑いだと悟ったことを思い出し、あのとき目指したファンに、八重次姉さんコスプレでなれた気がする。しかも大量に増殖して。。。あれ?目指したモノになれてるかも。ん??目指すところってそこだっけ??

    ・我々の如く、やや様子のおかしなファミリーに関しての事件簿(笑)

    ・昨年の冬美ちゃんの活躍に紐付つ我々の萌えポイントの再確認(330回目)

    ・記憶の取りこぼしの補填(ルーチンワーク)

    ・「cast」及び「坂本冬美、語る」の中の冬美ちゃん名言集を記憶のみで出してみる。

    ・画伯による冬美ちゃん頭蓋骨や骨格まで美しいの講義。

    ・画伯によるクリムトの絵と冬美ちゃんについての講義。

    ・好きなドレスや歌や活動や、これから歌って欲しい歌について(10回まで同じ発言可)

    ・ビルボードの素晴らしさについて(鉄板ネタ。何度繰り返しても語り甲斐があるなぁ)

    ・我々のテンションと姫の温度差発言について。(自ら粗塩を好み、もはや塩漬け)

    ・YouTube再開の可能性について(絶対にやってくれるで完全一致)

    まあ、こんな感じで話しは尽きないのです。。。

    はぁ、今朝も起きてからBS日本のうた祭りを一人で開催中。

    スペシャルステージはお宝満載ですなぁ♪♪

    五木さんと王様と私のときの「シャルウィーダンス」あの高音違いのたまらない歌声♪

    山口さん!ぜひ冬美ちゃんのこーゆーの活かしまくっちゃうオリジナルやカバー一曲お願いします!!

    山口さんもテレワークでお時間あるんじゃないですかねぇ。
    我々のエンドレスオフ会に参加して、頭がおかしな奴らの要望をひたすら聞いてみるというのはいかがでしょう(笑)

    今は吉さんとの熊野路へ初披露のときのに辿り着く前に、黒のピン子さんプレゼントのドレスでの「再会」にムフフフフしてます。

    関係ないけど由紀さおりさんの「いきがい」を歌う冬美ちゃんも大好き♪

    あ、五木さんの「暖簾」も頂きたい。

    さーて、さーて、今日明日のオタク活動はどうしよっかな♪♪♪♪

    神様!!(←私の)毎日毎日幸せをありがとうございます!!!

    #62404 返信
    りん
    りん
    キーマスター

    冬美ちゃんのベランダ菜園が気になり、じゅんじゅん家のきゅうりをチェックして、冬美ちゃん家の芽はどうなったかを想像する日々(笑)

    先日は、神野美伽さんの家のベランダ菜園の芽がワンコに食べられてしまったというブログを見て、「ひぃえ〜〜〜。うちの姫のベランダの芽じゃなくて良かった。。。」とか思ったり。

    どうか、冬美ちゃんの家の芽たちがスクスク育って姫を喜ばせていますように(祈)

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全17件中)
返信先: 充実の在宅オタク活動
あなたの情報:




スポンサーリンク